愛情不足で育った大人の性格の特徴や行動は?幼少期の親子関係の影響

2.社会の教育的なもの

学校でも結局、押しつけとコントロールが大手を振っている。

運動会でも、みんなが同じ行動を取るように押し付けられる。

正しい答えを教えられ、正しい答えを言うようにコントロールされる。

子供の時点で、すでに感情や情緒が消えてしまって、演技することだけを覚えてしまっている

生き延びるため、受け入れられるため、成功するために、大人や社会に受け入れられることだけを考え、自分を抑え込んでしまっている

自分で自分を否定した、悲しい姿ばかり。

すでに教育自体が、自己否定になってしまっている。

常に、「こうでなければいけない」「こうなりなさい」と教え込んでくる。

つまりは、

「いまのあなたではダメだ」=自己否定を植え付ける

「こうなりなさい」「これが正しいのです」=成功のイメージを植え付け、コントロールする

反抗できる、不良のほうがまだ救いがある。

従順なこどもは、すんなりこれを受け入れ、そのまま生きていく。

親と学校や社会にこれだけ「罪悪感」と「自己否定感」「偽りの目標」を植え付けられたらたら、自分を生きることはそれらとの戦いになる。

スポンサーリンク
レクタングル 大




常に与えられるメッセージは?

「いまのあなたではダメだ。変わりなさい」

「成功しなければいけない。競争で上にいかなければならない」

そこに愛情はあるのかい?

「あなたは、悪くはない」「あなたは、あなたで素晴らしい」とは誰も言ってくれない

みんな誰かの批判ばかり。

これをまともな世の中と言えるのでしょうか?シンドくないですか?

まともだと思い込む人々

問題は、こういう親や教育者が、自分はまともだと思い込んでいること

まともに見れば、こういう親や教育はかなり狂っている。ところが狂っている奴らが権力を持ち、数を持っているので、まともだと思い込める。

自分をまともだと思っているから、変わりようがない

まとめ

長くなったので一度ここで締めますね。

この問題はかなり深い問題のため、文章にしても本当に伝わっているか心配はありますが、何かの役に立ってくれたらなと思い書きました

一気に思っていることを書いたので、関連性など、読みづらい部分などもあったと思います。

解決策なども次の記事で書きたいと思います。

長文ありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




関連ユニット



コメント

  1. misa より:

    過去記事に失礼します。
    今の気持ちを代弁するような内容で、とてもスッキリしました。
    愛を勘違いしているのに、愛を語る人が多く、悲しい世の中ですね。
    私も本当の愛を知るまでに33年かかりました。
    どうか、皆が愛というものに向き合い気づける事を、願います。
    そうしたら、世の中の歯車が少し戻るかなぁなんて。
    ありがとうございました。

  2. いくみ より:

    愛情の定義、考えたこともなかったですがストンと違和感なく入ってきました。

    私は愛情不足で育った自覚があるため、子供には同じ思いをさせたくない、でも共働きの限られた時間の中でどうすればいいかを調べてこちらにいきつきました。

    この定義をベースに、家族仲良く円満に暮らして行くライフプランを考えたいと思います。

    素敵な記事を発信いただきありがとうございました。

    ただただ、お礼がいいたくコメントさせてもらいました。