愛情不足で育った大人の恋愛観や接し方は?男女関係なく子供のまま!

愛情不足で育った大人 子供 恋愛観 接し方

愛情不足で育った大人は子供のままで大人になれない場合が多い

理由は、大人になってもずっと未消化だった子供の感情が心に残り続けているためです。

ただし、本人はこの未消化の感情に気づいてはおらず、無意識的に子供の頃の未消化の感情に支配・コントロールされています。

つまり、ほとんど無意識に人生を生きています。無意識に感情に支配されていることに気づいていないので、本人にはまったく自由意志はありえません。過去の操り人形と化します

ある条件が整えば、自動的にその感情に支配されます。それも、無意識に、瞬間にそうなります。突然キレるなどもこのこの例です。「多重人格」や「人格乖離」と言われるのもこの範疇になると思います。

ここでは、愛情不足の結果なぜ、「大人になれないのか?」「突然人格が変わり感情に支配されるのか?」「どういう恋愛観を持っているのか?」「接し方」などについて、書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル 大




なぜ、愛情不足に育った大人は子供のままなのか?

結論を先にいうと、子供の頃の感情を抑圧したまま、ずっと放置して、その感情と向き合わず生きてきてしまっているからです。

抑圧された感情は、「押入れの中のお化け」のようなものです。

辛い感情だからもう見たくない、なかったことにする、無視する、抑圧する…このようなことが子供時代に心の中で行われます。自分の頭ではなかったことにできたと思っていますが、その感情は残り続けます。

現実逃避する子どもの策略

これはつらい現実から逃避するための、子どものが自分を守るためです。

そして、このなかったことにした子供の頃の感情に私たちは操られるのです

主に、怒り、悲しみ、寂しさ、愛してほしい、かまってほしい、見てほしい…などの子供の素直な感情です。

頭、知識では感情には太刀打ちできません。論理、知識は感情に吹っとばされます。ある瞬間は抑圧して、勝ったように見えますが、感情は反動するのでいずれは感情が勝ちます。

子供の感情が事あるごとに、噴出して、いつまでたっても感情が流れていかないのです。だから、子供のままになってしまうのです

過去にあった感情を、なかったことにはできない

だから、過去にあった感情を、なかったことにはできないんです。一度心に抱いた感情は、引っ張り出して、昇華してあげなければなりません。

この過去の感情(子供)が昇華できないから、いつまでもあなたに取り付き、あなたを支配するのです。

だから、常に愛情を他人に求める。承認を求める。自分のことしか考えられない。という子供の特徴がずっと取り付き続ける。

そのため、外見が40歳だろうと60歳だろうと、本質的な精神年齢が3歳~12歳というとになります。死ぬまで気づかずに生きている人間もいると思います。だから、現代には、いい年になっても、子供っぽい自己中心的な人が多いのです。

なぜ、子供の頃に感情を抑えなければならなかったのか?

愛情不足で育った大人 接し方

親が感情を抑圧している場合は、親の行動をみて、感情を抑圧することを学びます

また、現代社会の学校や社会も根本的に抑圧を前提とし、また感情的ではないことを推奨し、従順な良い子でいることに価値を置いています。

学校や社会は、ロボット生産工場と化しています。ロボット人間がロボットの子供を作る。そもそも、感情がないなんて、人間じゃないですから。いつでも笑顔で朗らかでなんてありえない。

感情を抑圧すれば、やりたいことがわからなくなるのは、当たり前。感情こそが、自分を導く道標となります。

本来ルールは自分で決めるもの

私たちが生まれた赤ちゃんの時には、ルールなんてないです

本来は自由にのびのびと自然に生まれ出るエネルギーがあります。これは、自然を見ればわかります。何もしなくても木は生え、植物は育ちます。

しかし、生まれ落ちた親や社会は、子供に「こうしなさい」「ああしなさい」「そうしないと生きられない」「怒りはよくない」「悲しみは悪いもの」など、あらゆることを言い、恐怖によって子供を支配しようとします。管理しやすいように従順な奴隷にします。

恐怖で子供が本来持っているエネルギーを抑圧します

それも、無意識に悪気なくやってしまうので本当に困ってしまうのですが…。

つまり、誰もこの社会の前提がかなりおかしい。間違えている。とは思っていないのです。教育も政治も法律も狂気の沙汰とは考えない。むしろ、自分を守ってくれるものだと思っている。

土壌が腐っていれば、芽はうまく育たない

例を先程の、植物に例えるならば、

この社会、時代の土壌が腐りきっています。その腐った土壌に新しい芽を植えるのですが、土壌が腐っているので芽がうまく出ないのです。

しかし、社会のせいにしてもこの問題はどうにもなりません。いつの時代も社会は狂っていたんですから。

私が結論としているのは、何者のせいにもせず、すべてを自分の責任として行く生き方です

現代人は多重人格者で自由意志がない

抑圧された感情が増えれば増えるほど、無意識的に生きざる負えなくなります。そうすると、人は抑圧した様々な感情に支配されます。

抑圧した感情は一つとは限りません。いくつも感情を抑圧しています。

ある条件下では、ある感情(人格A)が噴出し、ある条件下ではある感情(人格B)が噴出します。これは本人が気づいていないので、自分にコントロールできません。

感情を抑圧し、無意識に生きている人間に、自由意志などないのです

このような人間の割合が現代は多いにも関わらず、感情を抑圧し無意識的に生きていることや、自由意志がないということに気づいていないのです。これほど恐ろしいものはないですよね。

次に、事件が起きた時のよくある【コメント】を見てみたいと思います

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




関連ユニット