愛情不足の子供の特徴や行動は?将来大人になるとどうなる?

幼少期の親子関係の大切さ

大人になり、自分の心を紐解くほど、幼少期の影響を受けていることに気付かされます

うんざりするほどです。

しかし、この幼少期をそれほど大切に考えている人が多いように見受けられません。

スポンサーリンク
レクタングル 大




幼少期の親子関係は本当に大切

子供時代の親子関係は本当に大事です。

これをないがしろにしていると、親が子供に復讐される場合があります。生まれつき子供が大人より遥かに、成熟している場合は大丈夫です。

しかし、そうでない場合は、「自分がこうなったのは親のせいだ!」となる子供もいます。特に、愛情不足で育った子供は被害者意識、被害妄想が強いのでそうなりやすいです。

しかし、親は鈍感で傷つけたことにそもそも気づいてないので、子供がそれを言ったところでと親とは平行線になります

子供が自立するしかない

子供は親を選べません。

いくら話してもわからない親も多いです。

そういう親のもとに生まれたことも子供は、その運命をハッキリと見て、受け入れるしか、方法がありません

他人を羨んでもしょうがないのです。

受け入れて、被害者意識をやめ、自分の人生は自分で切り開く以外にない!とハッキリ気づかなければなりません。

ここに気づくまでに、多くの年月を私の場合は過ごしました。

自分が被害者意識に陥っているということに、頭では気づきますが、本当に腹の底で気づくのにはかなりの年月を要するような気がしています

まとめ

親子関係は、本当に複雑で、理由が見えず、戸惑うことも多いと思います。

その時の、ポイントはとにかく誤魔化さないこと。綺麗事にしないこと。わかったふりをしないこと。嘘をつかないこと。

こうした方がいいという答えは、自分の中にしかありません

その瞬間、その瞬間、ちゃんと親子が誤魔化しなく向き合えているかどうかがポイントになります。

そこで試されるのは親の生き様です。

自分が誤魔化して生きてきたなら、向き合えません。綺麗事で逃げるでしょう。忙しいからと向き合わないでしょう。結局親も自分が大事なのです

親が向き合えないと、子供も向き合えません。

親の在り方が本当に大切になってきます。

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




関連ユニット