車中泊で荷物の整理に100均のケースが便利!あとダンボールも!

車中泊 荷物の整理 100均

初めての車中泊、不安だから色々道具を持っていきたくなる。

道具を持って行きすぎると、道具で寝る場所がなくなってしまう。

そこで、どうやったら道具を整理し、快適な車中泊を送ることができるのか紹介したい

スポンサーリンク
レクタングル 大




車中泊の車内準備:収納方法

意外と多くなる『車中泊』をするときの荷物。

こんな方法あったんだ!!

という『車中泊の裏技収納方法』がこのふたつ。

● 車にちょうど入るタンス収納

または

● 段ボールタンス収納

車にちょうど入るタンスとは

『車で日本一周』したときに使用したタンスはこれ。

長期間の旅になることが予想でき、さらに夫婦二人分の衣服やタオル類。必要なものは意外と多い。

そこで考えた。

衣装ケースみたいに積み重ねられて収納できるもの

ただ、実際に探していくと見つからない。

高さや幅がぴったりくるものはありそうでない。それでも探す。ホームセンターを片っ端から廻り…

やっとの思いで見つけたのがこのタンス。どこで見つけたかというと、

リサイクルショップ『セカンドストリート』

店員さんにお願いして一度車に乗せさせてもらう。

トランクにッピッタリ!!

運命的な出会いに感謝し即購入。(値段は1,000円)

下から1段目:僕の衣類関係
下から2段目:妻の衣類関係
下から3段目:タオル類
一番上   :小物類(石鹸とか)

こういう運命的な出会いがある方はぜひ。

良い出会いがなく、見つからなかった方におすすめなのがこれ、

段ボールタンス

つい最近『車中泊』で北海道に行ったときに使用した方法がこれ。

【用意するもの】

● 段ボール
● 布ガムテープ(紙だとすぐにはがれる。強力なものが良い)
● 定規
● カッター

【作り方】

①車のトランクに入る段ボールを用意する
 スーパー等で手に入る。
②トランクの大きさに合わせ、段ボールを組み合わせる
③取り出し口を作る
④ガムテープで取り出し口を補強する
⑤段ボール全てをガムテープで組み合わせて完成

【ポイント】

取り出し口を作る際、一番下の段がトランクの出っ張りに当たって、開かなくならないように注意する。

重いものは上の段に入れない

ちなみに。

右下:水や飲み物関係
左下:ランタン等小物系
右真ん中:僕の衣類
左真ん中:妻の衣類
右上:小物類
左上:保冷ボックスを置く

という感じで使用しました。

意外と丈夫で使いやすいのでこちらの方法もオススメ。

座席下収納

後ろのトランクだけではやっぱりすべての収納は難しい。

そこで考えた方法が座席下収納。

後部座席の下の空白。何とか利用できないかな。

考え、試してみた結果。

100均のケースが便利!

寝るようにフラットにしても高差は問題なし。

必要なものを仕分けして入れるだけ。

簡単便利。

これもオススメの収納方法。

ただし、後部座席に人を乗せる事はできませんのでご注意を。

次は、車中泊で日本一周、ルートを考える!

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット