夏の車中泊では必需品!蚊対策の網戸と光対策のカーテンの作り方

車中泊 カーテン DIY

車中泊で怖いのは、眠れないこと

眠れない原因で多いのが、夏の蚊と街灯などの光

この対策は事前にしておきましょう!

スポンサーリンク
レクタングル 大




車中泊の車内準備

以前、【車中泊のデメリット】で書いた

  1. 虫対策の網戸の作り方
  2. プライバシーと明るさ対策のカーテンの作り方

について。

この方法が車を傷つけない1番いい方法だったので、是非!

①網戸の作り方

『車中泊』の必需品。

夜寝るときだけ取りつけ、それ以外の時は外しておく。

一度作れば、壊れない限り何度でも使える。

《用意するもの》

 ●プラスチック段ボール(ホームセンターで購入¥800円前後で買える)
 ●張替用網戸(ダイソーで購入¥108円)
 ●布ガムテープ(ダイソーで購入¥108円)
 ●新聞紙などの紙
 ●カッター、ハサミ

《作り方》

  1. リアドアガラスの型取りをする。
    新聞紙をリアドアガラスに貼り付け、そのままの大きさで切り取る。
    多少ずれても問題なし。
  2. 型通りにプラスチックダンボールを切り取る。
  3. 切り取ったら、車にはめ込んでみる。
    そこで、切ったり微調整する。
    隙間ができたてしまったら(大体隙間はできる)、
    ガムテープを羽が出るように二つ折りにして、
    プラスチックダンボール端に貼り付け、隙間を埋める。
  4. サイズが合ったら、内側を好きなサイズにカッターで切り取る。
  5. 内側から、ガムテープで網戸を貼る。

    以上で完成。

夏用の網戸:番外編

つい最近、自作カーテンよりも簡単なスグレモノをamazonで見つけました!

【SUCOOLの車用網戸】

車中泊網戸取付

車用網戸の取り付け方が簡単で、マジックテープ止め。

 車中泊網戸サイズ

車の窓が装着サイズに合えばかなりおすすめ!


SUCOOL 車中泊 車用網戸 車用ネット 遮光サンシェード 虫除けウインドーネット ウィンドーバグネット 風を通す クルマ用網戸 エコネット アウトドア 左右1組(2枚入)

2枚セットで1,000円ちょっとは嬉しいですね。

②カーテンの作り方

防犯、遮光のためにも事前に取り付けておくのがおすすめ。

銀色のサンシェードをそれぞれの窓に貼っている車も

よく見かけるけるが、それだと窓が開けられない。

『窓派』の僕にはキツイ。

そこで考えたのがこれ。

手作りカーテン

結構簡単にできるのでオススメ。

《用意するもの》

 ●カーテンワイヤー(ダイソーで購入)
 ●カーテンクリップ(ダイソーで購入)

  

 ●ストールや大きめの布(家にある物使用)4~6枚
  掛け布団カバーなどでも代用できる
  大きい布であれば、なんでもOK
  1,000円位で買うこともできる

  

 ●ペンチ(ワイヤーを切るときに使う)
 あると便利:クリップや洗濯バサミ

《作り方》

 【車のサイド側にカーテンを取りつける場合】

  1. カーテンワイヤーのフック部分を、車のサンバイザーの根元部分に引っ掛ける。

  2. もう一方のフックを、後部座席の上部手すり根元部分に引っ掛ける。
    長い場合はワイヤーを切り、調整する。

  3. 取り付けたら、カーテンクリップをカーテンワイヤーに取り付ける。

  4. 布やストールを窓の少し下の長さになるように調整し、
    カーテンクリップで留める。

    以上で完成。

【車のフロント部分にカーテンを取り付ける場合】

  1. フロントカーテンは、サンバイザーの右側の支持部と
    左側の支持部をフックで留める形になる。

  2. その後の流れはサイド側を取り付けた時と一緒になる。

【車のリア部分にカーテンを取り付ける場合】

  1. リアカーテンは、右後部座席の上部手すり根元部分と
    左後部座席の上部手すり根元部分にそれぞれフックで留める。

  2. その後の流れはサイド側を取り付けた時と一緒になる。

【注意点】

※フロント、リア、サイドにカーテンを取り付ると
フロントとサイドのつなぎ目、
サイドとリアのつなぎ目に隙間ができるので、
クリップや洗濯ばさみで留めておくと隙間から光が入らない。

【ポイント】

使用しないときは、後ろでカーテンを紐やストール
を使って束ねておくと運転の邪魔にならない。


次は、【車中泊準備編③ 効率的な収納方法】について

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




関連ユニット