トイザらス破産で全店舗閉鎖はなぜ?日本店舗はどうなる?大丈夫か

トイザらス

アメリカの大手玩具メーカー「トイザらス」が経営破綻し、アメリカの全店舗を閉鎖するという発表がありました

「トイザらス」は1948年創業で、従業員は全世界で6万5000人にもなるグローバル企業で、アメリカでは3万3,000人の雇用がどうなるのか?と話題になっています。

そこでここでは、「トイザらスの日本店舗はどうなるのか。閉鎖されるのか。」また、「トイザらスが経営破綻した理由」についてまとめてみました

スポンサーリンク
レクタングル 大




「トイザらス」日本店舗は閉鎖の可能性が

アメリカの「トイザらス」は店舗の再建を目指していましたが、どうやら再建を断念した模様です

2018年3月14日時点で、

  • アメリカのトイザらスの全店舗を閉鎖すること
  • イギリスのトイザらスの全店舗を閉鎖すること

を発表しています。

また、世界各国の店舗も閉鎖される見通しだということなので、時期は未定ですが日本の「トイザらス」も閉鎖される可能性は高いと思います

「トイザらス」が経営破綻した理由は?

「トイザらス」は設立当初は宣伝やブランド力で、玩具メーカーのトップとして君臨していました。

そんな「トイザらス」がなぜ経営破綻したのか、理由を探ってみました。

①インターネットの登場

インターネットの登場で、時代は店舗で物を買うという価値観から、インターネットで商品価格を比較したり、口コミを見てから買うという価値観に変化しています

つまり、店舗のメリットがほとんどなくなってしまったのです。

これは家電業界でも言われていますが、店舗はショールームと化し、買うのはアマゾンなどのインターネットという流れが定番になっています。

店舗とインターネットを比較したら、ネットの方が安いのは間違いないですからね。

②他店舗との競争

アメリカの場合はウォールマート、日本の場合だと家電量販店などの競合他社の方が料金が安く、そちらに客が流れてしまった。

などの、理由があると思いますが、やはり一番の理由は、

もはや「店舗で物を買う時代ではなくなってしまった」こと

どんな大企業も、時代の流れには逆らえません。

「トイザらス」が町の小さいおもちゃ屋を潰したら、今度はネットのアマゾンに潰された。という意見もありましたが、妙に納得してしまいます

まとめ

今回のアメリカ「トイザらス」の経営破綻は決して玩具業界だけの話ではなく、店舗展開しているどの企業でも問題になる部分だと思います

人件費や店舗費用がかかる店舗事業は今後どうなっていくのか。

これからも、目が離せません。

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




関連ユニット