映画「バーフバリ2王の凱旋」は面白い?あらすじや感想!原作や監督も!

映画 バーフバリ2 王の凱旋

インド映画史上歴代最高1位の興行収入を達成し、前評判がかなり高い「バーフバリ2/王の凱旋」

この作品は2部作で、今作「バーフバリ2」は完結編となります。

「王の凱旋」を観る前に、前作を観ておくと、より楽しめるでしょう。前作は「バーフバリ/伝説誕生」という作品でDVDレンタルされています。

ここではバーフバリ1の伝説誕生、2の王の凱旋のあらすじ、今作の感想や原作、監督についてまとめてみました

スポンサーリンク
レクタングル 大




バーフバリ「伝説誕生」のあらすじ

バーフバリはインド南部の大国「マヒシュマティ王国」が舞台。

物語は川の中で高貴な女性が命をかけて一人の男児を守るところから始まる。子のいない夫婦に助けられた男の子は「シブドゥ」と名付けられ、人が到底昇ることが不可能な偉大な滝に心を魅せられ、運命に導かれるようにしてインド南部の大国「マヒシュマティ王国」へと引き寄せられていくいく。

シブドゥは、心惹かれた女性アヴァンティカの代わりにマヒシュマティ王国に25年間幽閉され鎖につながれたテーヴァセーナを助けに行く。そしてテーヴァセーナの鎖を切ったところから始まるマヒシュマティ王国の2人の王子の物語…。

バーフバリ2「王の凱旋」のあらすじ

バーフバリ2の「王の凱旋」では、主役:シブドゥ(=マヘンドラ・バーフバリ)の父であるアマレンドラ・バーフバリとその妻テーヴァセーナの出会いが描かれる。

そして次々と明らかになる事実。

テーヴァセーナがなぜ25年もの間鎖につながれ幽閉されていたのか、アマレンドラ・バーフバリは最強の強さを持ちながらなぜ死に至ったのか、前作で忠実な王家の家臣であるカッタッパが口にした「裏切り者は私だ…」という言葉の背景にあったものとは一体何なのか…。

運命に導かれるようにして実の母であるテーヴァセーナの鎖を切ったシブドゥ。

テーヴァセーナが息子の帰りを信じて疑わなかったように、マヒシュマティ王国も本来の王の帰りを待ちわびていたかのように、バーフバリを慕う民と一体になり、父を殺し独裁政治を続け民を苦しめている父の兄バラーラデーヴァとの戦いが始まる…。

バーフバリは面白いの?

実際に「バーフバリ2/王の凱旋」を観てきました

これは、噂どうりで本当に面白かったです!

私は、1年間に映画館で12〜20本位映画を観ていますが、いままで劇場で観てきた映画の中で一番面白かったです

最近観た、映画「スターウォーズ/最後のジェダイ」よりも好き。

ロッテン・トマトという1番有名な映画評論家サイトでの「良い」という評価が100%。また、ヤフー映画などでも、評価が4以上となっています。

インド映画がここまでの実力を持っているとは思わなかったので、衝撃でした。

映画館で観ることを強くおすすめします。音楽や歌、映像の迫力が素晴らしいです。特に音圧が凄くて、アトラクションの中にいるかのようでした。

バーフバリの原作や監督は?

原作はなく、伝説誕生のストーリーはなんとS・S・ラージャマウリ監督のお父さんです。実は父親は著名な脚本ライターで、ラージャマウリ監督は、アシスタントをしていたそうです。

ストーリーは父親、脚本・監督はラージャマウリ

監督は、インドの叙事詩「マハーバーラタ」にインスピレーションを受け、また、幼少期に読んだ歴史マンガに影響を受けてこの作品を創り上げたと言っています。

邦訳されている映画は、

  • 2010年「あなたがいてこそ」(脚本/監督)
  • 2012年「マッキー」(脚本/監督)

多くの受賞歴がある監督です。その他にも翻訳されていない映画も多々あり、ほぼ全てがロングランの大ヒットとなっており、その集大成が2部作の「バーフバリ」。

1部目の「伝説誕生」ではすでにナショナル・フィルム・アワード最優秀映画賞やインド国際映画賞最優秀監督賞など数々の賞を受賞しています

まとめ

この映画は、アクションが凄くて男性が好きそうな映画に見えますが、恋愛ドラマとして観ても、素晴らしい出来になっているので、女性もかなりハマる映画だと思います

また、「沈黙は悪を犯すより悪い」など名台詞も随所に出てきます。

是非、映画館で観て欲しい!と心から思える作品でした。

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット