お盆玉の意味や由来とは!料金相場はいくら?超迷惑などの口コミ評判

お盆玉とは

お盆玉という言葉を初めて聞く方も多いと思います。

わかりやすく言うと、「お盆玉とは、お年玉のお盆版です!」

つまり、一年間の間に、孫や親戚の子供に「お年玉とお盆玉2回あげましょう!」という新習慣を企業が狙ったもの。

お盆玉をあげましょうということで、「お盆玉用のポチ袋」を国民に売りたい訳です。

「勝手にそんな習慣作るな!」「いい迷惑だ!」という人も多いと思います。

そこでここでは、

  • お盆玉の意味とは
  • お盆玉はいつから始まった・由来とは
  • お盆玉の料金相場はいくら渡す?
  • お盆玉の新習慣の評判や口コミ!

につてい、まとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル 大




お盆玉の意味や由来とは

お盆玉とは、お盆の時期に、子供や孫にあげるお小遣いのこと

お盆玉は、江戸時代山形県の一部で夏に「奉公人」に衣類などの物を渡す風習があったそうで、昭和の時代になると物ではなくお小遣いをあげるようになったそうです。

つまり、昔は子供にお金をあげていたわけではなく、主君に従う従者(大人)に物やお金をあげているのです

それの理由は、「奉公人が貧しいだろうからという心遣い」から行われていたと思われます。

お盆玉はいつから始まり広がった?

では、なぜお盆玉が全国的に行われるようになったのでしょうか?

それは、お盆玉という商品を発売すれば、「需要がある・売れる」と考えた企業がいたためです

その企業は、

「株式会社 マルアイ」という山梨県にあるお年玉用のぽち袋などを製造販売していた会社です

お盆玉というブームの仕掛け人であり、「お盆玉」「おぼんだま」の商標登録をしている会社です。

マルアイは、2010年にお盆玉を発売したが、当初はやはりあまり評判が良くなくあまり広がりを見せなかった様子。

そこから一気に広まったのは、「日本郵便(郵便局)」がお盆玉に目を付け、2014年7月にお盆玉を入れるポチ袋を販売したことから。

結局、権威のある大企業の郵便局がやると、多くの国民が洗脳されてブームにのっちゃうのかな〜

こういうのを見ると「儲かればなんでもいいのか?」とすら思う。

お盆玉の料金相場はいくら渡す?

ただ、みんながお盆玉を渡すようになるブームが定着し、空気(常識)になると、自分だけ渡さないのが悪いように思ってしまう人もいると思います

そんな空気、同調圧力に屈する必要はまったくない!と個人的に思いますが、金額の相場を調べて見ました。

【お盆玉の相場】

  • 小学生のお盆玉:1,000円〜3,000円以下
  • 中学生のお盆玉:3,000円〜5,000円以下
  • 高校生のお盆玉:5,000円〜10,000円以下

と、なっているようですが、この相場も誰かが勝手に作ったものだと思ったほうが良いです。

お盆玉は、自分が渡したい「気持ちの金額」で良いと思います。

また、お盆玉が広まったのは2014年で、まだお盆玉の存在を知らない人も多いので、この新しい習慣に反対の人は、下手にお盆玉を渡さないほうが懸命!!

スルーしましょう!

2018年あおぞら銀行が調査した「お盆玉の認知度は40%弱」。少しずつお盆玉の認知度が上がっているようです。

お盆玉のポチ袋はAmazonや楽天で購入可能


送料込!★マルアイ お盆玉 ぽち袋★選べる2個入福袋★70mm×120mm★[代引不可]


お盆玉ぽち03 ノ-ナツ703

お盆玉の評判や口コミは?

案の定、「お盆玉をもらう方」と「お盆玉をあげる方」で大分意見が違います

しかし、忘れてはいけない!

最も儲かっているのは、お盆玉を考えた企業とそれに乗っかる企業です!!

「みんながやってるから、あなたもやるべし!」という雰囲気を作ってくるので注意してくださいね。

もちろん、お盆玉を心からあげたいという方に関して、私はまったく否定的ではありません。

まとめ

お盆玉に限らず、企業も不況下で売上を上げようと必死です

昔のお盆玉は苦しい奉公人の生活を思っての「思いやり」の気持ちから物をあげていました。

何事も、ブームや習慣ではなく、気持ちが大事ですね!!

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




関連ユニット