最新作スターウォーズ/最後のジェダイ!新キャラのキツネや鳥の名前は?

スター・ウォーズ ポーグ ヴァルプテックス 

スターウォーズの最新作「最後のジェダイ」を見てきた!毎回スター・ウォーズは映画館で見ているのだが、話がわかっているようでわからない。というかシリーズの歴史が長すぎて、つながっていない。

今回も話が理解できているかわからなかったが、新キャラクターのキツネや鳥の動物が可愛かった。

走るとシャリンシャリンと音がなる【クリスタルのキツネ?】とガラスにぶつかったりおちゃめな動きをしていた【目のでかい鳥?】がところどころ面白かった

あの動物がどんな名前で、どういう生物なのか映画の中では説明がなかったので、気になって調べてみた。

スポンサーリンク
レクタングル 大




目のでかい鳥?の名前は「ポーグ」

スター・ウォーズ最後のジェダイ ポーグ

目のでかい鳥の名前は【ポーグ】

ルーク・スカイウォーカーが隠遁生活を送っている惑星「オク=トー」に生息する鳥類のクリーチャーとのこと。

映画の中では、チューバッカの邪魔ばかりしているおちゃめなキャラクターとして描かれていた。ガラスに「ボンッ」とポーグがぶつかった瞬間、映画館の中が笑いにつつまれてましたよね。

ジョンソン監督が、撮影場所のスケリッグ・マイケル島でロケハンしたときに出会った「ニシツノメドリ」を見て、このキャラクターが生まれたそうです。

ポーグはその島の雰囲気をスター・ウォーズの世界に反映するため生まれたキャラクターであり、今作の少し重いストーリーの中にコメディ・リリーフ的なキャラクターが欲しかったから生まれたキャラクターでもあります。

と、監督は言っています。

だから、おちゃめでかわいいキャラクターになっていたんですね!実際の「ニシツノメドリ」はこんな鳥。

ニシツノメドリ

かわいい。でも、似てる…?

本物のニシツノメドリがどんな動きをする鳥なのかはよくわからないけれど、なんだかちょっとおしとやかそう。

映画のポーグはなんともいたずらっこ。チューイがポーグらしき鳥を丸焼きにして食べようとした時の表情やチューイになついて船に巣作りする様子、そして「なぜついてきちゃったの!?」とツッコミどころ満載のこのポーグ。

このなんともいえないポーグの表情を見るたびに思わず笑いがこみ上げてくる人も多いはず。

クリスタルのキツネは「ヴァルプテックス」

スターウォーズ・最後のジェダイヴァルプテックス

クリスタルのキツネは【ヴァルプテックス】

今回の映画で気になった人も多いキラキラ光って走るとシャランシャラン音のするキツネ。目を奪われ見入ってしまった人も多いですよね。

このキツネは、塩の惑星クレートの野生動物で、惑星表面にある塩を摂取しているから、外見が結晶のようなものになったということらしい。

ヴァルプテックスの制作過程

アメリカのスターウォーズ公式サイトに、ヴァルプテックスの制作過程の映像がありました。アニマトロニクスという制作方法なんですね。

かなり可愛いです!

次に、「ヴァルプテックス」が活躍したシーンを紹介します!

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット