太陽のタマゴとは宮崎マンゴー?値段が高い理由や時期!赤秀青秀とは

太陽のタマゴとは

初競りで太陽のタマゴが一箱2個入りで40万円という最高値が付いた!と、ニュースなどでも話題ですね。

何でも2018年は太陽のタマゴブランドが生まれて20週年とのこと。20週年というマスコミ宣伝とお祝いを兼ねて、一箱40万円になったのでしょう。

太陽のタマゴは、自分で食べるというよりも母の日やお中元のギフト、贈答品として送られることが多いです

ここでは、「太陽のタマゴとは何か?」「太陽のタマゴは、なぜ値段が高いのか?」「太陽のタマゴの収穫時期と赤秀青秀とは何か?」「太陽のタマゴは通販でも買える?」についてまとめてみました

スポンサーリンク
レクタングル 大




太陽のタマゴとは?

太陽のタマゴは、宮崎県のマンゴーのブランド名です。

太陽のタマゴの条件は、

  1. 宮崎県で生産されたマンゴー
  2. 重さが350グラム以上
  3. 糖度15度以上
  4. 色やカタチが良いもの

これらの条件を満たしたものを、太陽のタマゴと呼んでいます。

つまり、いくら糖度が高く、重く、カタチが良くても、沖縄や奄美のマンゴーは太陽のタマゴにはならないということですね!

太陽のタマゴ値段が高い理由は?

まず、太陽のタマゴはブランディングを前提として作られたものです。

わかりやすく言うと、日常的に食べるものではなく、高級フルーツとしてパッケージからすべてこだわって創り上げた商品です

そのため最初から値段設定は高めにしていると思います。

ブランドのシャネルやヴィトンなどの「フルーツ版」ですね。

ブランド化するために、

  • 受容と供給の関係で、過剰供給はしない
  • 価格競争にならないように調整する
  • 限定生⇒宮崎県限定のマンゴー(他の地域では買えないよー)
  • 品質の良いものだけを出荷する⇒味がまずければブランドに傷がつく

など、事前に考えています。

その他、

  • 完熟マンゴーの輸送費用
  • 完熟マンゴーを育てるコスト
  • 完熟マンゴーのパッケージ費用

などがあると思いますが、それらのコストだけで「マンゴーが1つ、1万〜10万円」なんてありえません。

ブランディング勝負の商品のため高いのです

太陽のタマゴが高くて悪いと言っているわけではなく、高いのはブランド化しているためで、それを欲しい人がいるというだけです。

そこに良い悪いはありません。

太陽のタマゴの収穫時期

太陽のタマゴは、その年の気候にもよりますが大体4月中旬から8月にかけて収穫され、出荷されます

マンゴーのピークは、6月〜7月と言われています。

太陽のタマゴマンゴーは、完熟した食べごろの状態で送られてくるので、届いたら早めに食べるようにして下さい

届いて、さらにマンゴーを熟させようとしなくて大丈夫です。

太陽のタマゴ赤秀青秀とは?

太陽のタマゴは、赤秀と青秀というランクに分かれています。

わかりやすく図で説明したいと思います。

等級 大きさ 糖度
赤秀(AA品) 2L〜5L 15度以上
青秀(A品) 2L〜5L 15度以上

AA品は、宮崎県マンゴー全体の中で5%しかないという商品とのこと。

赤秀と青秀の違いをどのように選別しているのかは、ちょっとわかりませんでした。

おそらくは、「色・形・傷・香り・大きさ・味・薬害」などで変わってくるのだと思われます。

太陽のタマゴは通販でも買える?

太陽のタマゴは通販でも買うことができます。

2個で5,000円と、手頃な値段で売っているのはやはり楽天さんの「太陽のタマゴ」。


送料無料 宮崎県より産地直送 JA宮崎中央 宮崎完熟マンゴー 太陽のタマゴ 2L×2玉  (350から459g ×2玉)

まとめ

宮崎県の「太陽のタマゴ」というのは、いいネーミングですよね。

テレビなどで美味しいと話題で、とても甘そうなマンゴーを見ると一度は食べたくなります。

太陽のタマゴを食べたい場合は、太陽のタマゴを両親にプレゼントして、ついでに自分も一口食べてみる!というのが、両親も自分も嬉しくて一番いいかもしれませんね!

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




関連ユニット