加茂水族館は山形にある世界一のクラゲ水族館。所要時間やお土産など

鶴岡市加茂水族館

新潟2日目は、少し足を伸ばして山形県鶴岡市にある「加茂水族館」へ。

日本海に面した岬にある「加茂水族館」は、新潟からもアクセスがいい。10時過ぎには駐車場にはすでに車が十数台。無料駐車場は比較的広く、全く問題なく停めらる。

スポンサーリンク
レクタングル 大




【加茂水族館】世界一のクラゲ水族館

加茂水族館 クラゲ

ここ「加茂水族館」は、「クラゲドリーム館」とも呼ばれていて、クラゲの水族館では世界一らしい

知らなかった!!知る人ぞ知るなのか!?

と思ったら、知らないのは僕ら夫婦だけなのかもしれない、という混雑ぶり。「混雑」と言っても、前に進めない程ではなく「人多いね」という感じ。

加茂水族館ののクラゲたちは、一言で表現すると「神秘的」。

動きはクラゲ特有のふあふあ〜と泳いでいるけれど、色や形がそれはもう様々で、異世界にいる感覚。クラゲってこんな種類がいるのかとびっくりする。

クラゲの「ドリームシアター」と呼ばれるらしい巨大な水槽はかなり圧巻。幻想的でこれはすごかった。

昨日、角田浜で泳いだ時に刺されたクラゲとのギャップがすごい。海で泳いでいてこんな色のクラゲがいたら間違いなく逃げる!!けどね。

加茂水族館の「アシカショー」

そして加茂水族館のひとつの見どころ「アシカショー」

どこからこんなに人が湧いた?というくらい、ショーの時間が近くなると人がわらわら集まってくる。

アシカは確かに可愛いし、頭いいな!とお思うけれど、やっぱり僕は人間に操作されている感じが好きじゃない。優雅に泳いでいるアシカのほうが好きだな。

加茂水族館の「ウミガメ」は、おすすめ!

加茂水族館 ウミガメ

それでも、普段見ることのない「ウミガメ」に会えたりすると嬉しくなる。ウミガメの泳ぐ姿とか手の動きがなんとも言えなくて、しばし眺める…。

南の島で本物のウミガメに会いたいなあ。

加茂水族館の「所要時間」と「お土産」は?

のんびりゆっくり見てまわると、大体1時間で終了出口付近にはおみやげショップ。クラゲ水族館だけあって「クラゲのもの」が多い。ショップの周りには、おみやげを選ぶ女性や子どもを待つ男たち。

僕もちょっとみて退散。やっぱり、おみやげ屋は女性や子どもが好きなんだなと実感。ショップから出てきた妻は、見て満足したらしく何も買わず。

さて、ここからどこへ向かおうか。お昼だしランチでもと思っても、近くに店は無さそう。

せっかくここまで来たのだからと、帰りは海沿いをドライブすることに。確か、道の駅があったはず。そこでランチタイムにすることに決め加茂水族館を後にする。

加茂水族館はクラゲで世界一というだけあって、一度クラゲを見に行く価値はある

行ってよかった。

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット