鬼宿日の意味とは?読み方と2018年カレンダー!入籍や結婚はダメ?

鬼宿日の意味とは

鬼宿日という言葉を聞いたことのある人は、実は少ないかもしれません。

鬼が宿る日と書いて「鬼宿日」。鬼と書いてあるので縁起が悪い日なのかなと漠然と思いますよね

実は、調べてみると「鬼宿日」に宝くじを買うと良かったりもするそうです!

そこでここでは、「鬼宿日の読み方」「鬼宿日の意味とは」「2018年の鬼宿日の日程」「鬼宿日の縁起」についてわかりやすくまとめてみました

スポンサーリンク
レクタングル 大




鬼宿日の読み方は?

鬼宿日の読み方は「きしゅくにち」もしくは、「きしゅくび」と読みます

パソコンで鬼宿日の漢字を出したい時は、「きしゅくにち」で打ち込むと出てきます。

鬼宿日とは?

鬼宿日は、二十八宿の鬼宿にあたる日のことを言います

二十八宿とは、地球を中心として取り巻く、天の赤道を28のエリア(星宿)に分割したものです。

青龍・玄武・白虎・朱雀で有名で、古典の「水滸伝」「封神演義」にも出てくる考え方です。

  • 青龍:東(7分割)
  • 玄武:北(7分割)
  • 白虎:西(7分割)
  • 朱雀:南(7分割)

合計、28分割となります。

鬼宿は、二十八宿の南方朱雀に位置します。

二十八宿の考え方は、日本の江戸時代にもあり、インドが起源という話が有力となっています

鬼宿日の意味は?縁起が良いの?

鬼宿日は、鬼が宿に居て、外には出ないという意味があります

鬼が居ないので安全な日・大安であるということから、様々な行い事をするのに良いとされている「大開運日」です。

良く「鬼の居ぬ間に」などという表現もありますよね。

そのため、宝くじを買うにはこの「鬼宿日」がいいと言われていたりします。

また、鬼宿日が「大開運日」と言われる所以がもう一つあります。

それは、「インドでお釈迦様が生まれたのが鬼宿日」だったという説です。

インドでは陰暦の4月15日に生まれたとされ、毎月15日が鬼宿日として定着しているようです。

何をやるにも縁起がいい日なので、何かを始めるにはもってこいの日とも言えますね!

しかし、この日にやってはいけないこともあります。

鬼宿日にやってはいけないこと!

鬼宿日は、婚礼以外は万事に大吉と言われる日です。

つまり、鬼宿日に「婚礼関係」だけはやってはいけない日とされています

婚礼関係とは、

  • 結婚式
  • 入籍
  • 結納

などです。

鬼宿日には、「嫁取り」という意味合いが含まれるから「婚礼関係」はやってはいけないというのが、一般的な通説となっているようです。

古くからのいわれは、現代人には理解できなくても、深い意味があったりするので「婚礼関係」は控えたほうが良いでしょう。

2018年の鬼宿日のカレンダー

2018年の鬼宿日は、ほぼ毎月1回、合計12回、毎回金曜日にあります

  • 2018年1月12(金)
  • 2018年2月9(金)
  • 2018年3月9(金)
  • 2018年4月6(金)
  • 2018年5月4(金)
  • 2018年6月29(金)
  • 2018年8月24(金)
  • 2018年9月21(金)
  • 2018年10月19(金)
  • 2018年11月16(金)
  • 2018年12月14(金)

まとめ

鬼宿日は、鬼がおらず、お釈迦様が生まれた日で、「大開運日」とされています

やることなすこと上手くいく日かもしれませんね!

何事もやってみないと、良いのか悪いのか分かりません。

婚礼関係以外は、鬼宿日になんでもやってみて、実際にうまくいくのか自分で試してみると良いと思います

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




関連ユニット