熊本県の道の駅で車中泊!温泉併設の道の駅不知火はおすすめしない!

熊本県の道の駅で車中泊

天草地方を周った後、どこへ行くでもなくドライブをし、気づいたら夕方。本日の車中泊場所探し。

車中泊で日本を旅しながら周っていると、1日が終わるのが早い。

なぜか道の駅を通り過ぎる度にいつも「ここは車中泊できる?」と考える習慣が身についてしまっていることに笑ってしまう

スポンサーリンク
レクタングル 大




車中泊の場所探し

すんなりと場所が決まる日もあれば、全く良い場所が見つからない日もあって毎日がスリリングで面白い。

今日は後者。…見つからない。

国道沿いだったり、うるさそうだったりで…さて困った。

旅慣れてくると、ベストの車中泊の場所をなんとか探したい!妥協したくなくなってくる

車中泊場所は、道の駅「不知火」に決定!

いくつかの道の駅やらその他の泊まれそうな場所を見て回って最終的に決めた場所は道の駅「不知火」

ここは温泉施設もあり本来ならば避けたいところだけれど仕方がない。時間的に、これ以上探し続けるのは難しい。

温泉施設がある道の駅は、車中泊の車が多い傾向にあるから好きではない。

道の駅「不知火」

【住所】熊本県宇城市不知火町長尾1910-1

【駐車場】普通車213台、身障者用4台、大型車3台

【トイレ】24時間利用可能

【物産館営業時間】9:00~18:00

【ロマンの湯・不知火温泉】

【営業時間】10:00~21:00

【料金】

  • 大人500円
  • 12歳以下の子供200円

車中泊の感想

比較的駐車場も広いのでなるべく端の方に車を停め、温泉を利用しいざ就寝。

真夜中に問題発生。うるさい…。

地元の不良(?かどうかは謎だけど)達がバイクの練習を始めた。

なぜここで!!

「うるさいっ」と叫びたいのを始めは我慢していた。

妻もトラブルになるのを怖がるし。

だけどあまりにも腹が立って。

妻が怖がって外には出ないというので、「関わらないでね」という約束をして一人でトイレにいくことに。

もちろん約束は守らない(笑)

「うるさい。いつまでやんの。たのむわ」と注意した。

注意したらバイクの練習をやめて道の駅を出ていってくれた。

素直な若者たちだった。

こういう予想外のトラブルもあるので車中泊の場所選びはとっても大切。なるべく静かそうなな場所を選びましょう。

ここは最初から車中泊には適していないなとは思っていた場所だったので、案の定とうい感じだった

道の駅「不知火」をおすすめしない理由

道の駅「不知火」がある場所は、車中泊の場所選びとして良くない組み合わせが重なった場所になります。

  1. 温泉が併設している道の駅=車中泊の車が多い
  2. 幹線道路沿いの道の駅=道の駅の車の出入りが多い
  3. 週末の海沿いの道の駅=地元のヤンキーがたむろする場合がある

今回は、この3つの条件がすべて揃った場所になるので、おすすめはしません

まとめ

日本全国を旅をして、車中泊の場所探しをしていると日々今日はどこがいいかな~と常に考えます

本当にいい場所を見つけるとかなり嬉しくなりますし、本当に最悪という場所になると眠れません。

どっちの経験も記憶に残りますが、なるべくならいい場所を探したいですよね。

次の日の観光予定があったりすると中々良い場所を選べなかったりするのですが、経験を積むと、自分なりの車中泊の探し方がわかって来ます。

まだまだ、良い車中泊ポイントは日本中にあると思うので、探しましょうね

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット