【冬の車中泊】一酸化炭素中毒の危険性と対策!警報機チェッカーも

【冬の車中泊】一酸化炭素中毒の危険性と対策!警報機チェッカーも

車中泊は春夏秋冬いつの季節でも楽しめます。でも「冬」に車中泊をする時は事前の対策がとても大切になってきます。

寒かったら「エアコン」つければ良いんじゃないの?と思っている方もいますよね。でも実は、エアコンのつけっぱなしは「一酸化炭素中毒」になる危険性がひそんでいるため注意が必要なのです。

ここでは「冬の車中泊」の

  • 【一酸化中毒の危険性と対策】
  • 【一酸化炭素警報機】

についてまとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル 大




【冬の車中泊】一酸化炭素中毒ってなに?

冬は「車の暖房を常に入れている」という方意外と多いですよね。ですが、車中泊では「エアコンの入れっぱなし」はとても危険なため注意が必要です。

「一酸化炭素」とは無色で無味無臭の「毒性の高い気体」です。

一酸化炭素中毒は、自覚がないまま危険な状態になることも多く「サイレントキラー」とも呼ばれている怖い特徴を持っています。

一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと結びつきやすい性質を持っています。空気中の一酸化炭素の濃度が上がり、ヘモグロビンと一酸化炭素が結びつくと、酸素不足の状態に陥り、酸素の運搬機能も低下するため結果的に「一酸化炭素中毒」のかかってしまうのです。

「一酸化炭素中毒」は、ちょっと頭痛がするなと思ったときには、すでに身体が思うように動かせなくなっている場合もあり、いつの間にかかかっている怖い病気の一つです

一酸化炭素中毒の症状は?

では、一酸化炭素中毒になるとどのような症状が現れるのでしょうか。

一酸化炭素中毒の症状は、なかなか気づきにくく重症化しやすいため注意が必要です。

一酸化炭素中毒【症状】

一酸化炭素中毒の症状はゆっくりと進行していきます。

軽度:頭がぼうっとする、顔が赤くなる、

悪化:頭痛、耳鳴り、疲労感、めまい、吐き気・抹消神経の麻痺・手足のしびれなど

重症:すさまじい吐き気や頭痛、意識消失、意識障害

初めは「疲れたかな?」と感じる程度の症状ですが、徐々に悪化し、すさまじい吐き気や頭痛の後に意識を失ったり、昏睡状態に入ることもあります。

車のような狭い空間は、一酸化炭素濃度があっという間に充満し、重症化しやすくなるため特に注意が必要です。

一酸化炭素中毒は「後遺症」が残る?

一酸化炭素中毒は、一酸化炭素の濃度が高かったり、脳に酸素が行かなかった時間が長い場合は、後遺症を起こしやすくなります。

一酸化炭素中毒【後遺症】

主な後遺症の症状は次の様になります。

記憶障害、行動異常、知能の低下、感覚障害

また、一酸化炭素中毒になった数年後に「認知症」として症状が現れる場合もあり注意が必要です。

一酸化炭素中毒の「応急処置」の方法は?

一酸化炭素中毒の症状が現れたときは、タオルやハンカチなどで鼻と口を覆い、すぐに換気を行います。とにかく新鮮な空気を体内に取り入れることが大切です

後遺症を残さないためにも、症状がたとえ軽度だったとしても医療機関を受診しましょう。

助けるときは?

一酸化炭素中毒に陥っている人を助けるときは、自分も中毒になってしまう「二次災害」が起こりやすいため要注意です。

助けに行くときは、一酸化炭素を吸い込まないように鼻や口元をタオルなどで覆ったり息を止め、まず換気を行いましょう。そして、新鮮な空気を吸える場所まで運び出します

体内の酸素が消費しないように、なるべく動かさないようにしてくださいね。

次に、「冬の車中泊」と「一酸化炭素中毒の」原因と対策について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット