水と砂どっちが重い?重さの違い【比重とは】簡単にわかりやすく説明

水と砂重いのは

「水と砂どっちが重いの?」と考えるきっかけは、ボクシングのパンチングボールの土台に入れるのを水にしようか、砂にしようかと迷ったことから。

やっぱり重いほうが土台として安定するしね。

「1kgの水」と「1kgの砂」だとどっちが重いのか、実際にやってみると水と砂では全く重さが違いました。

実は、重さの違いには砂の「比重」というものが関係しています。

そこでここでは、「水と砂どっちが重いのか」「重さの違いを作る比重とは」を簡単にわかりやすく解説してみました

スポンサーリンク
レクタングル 大




水と砂どっちが重い?

結論を先にいうと、砂のほうが断然重いです!

これはよく考えると当たり前のことで、水の中に砂を入れると沈みます。ということは、砂のほうが重いということになります。

「500gのペットボトルの水」と「500gのペットボトルの砂」を比較すると、砂の方が重いということですね

じゃあ、砂のほうが重いのはわかったけれど、「どのくらい重さが違うのか?」という疑問が出てきます。

ここで「砂の比重」が関係してきます。

次に、まず比重とは何かについて説明します。

比重とは

比重とは、呼んで字のごとく「比較する重さ」という意味です

また、比較する時の基準値は「水」になっていることから、比重を簡単に説明すると、

「同じ体積で、重さを水と比べた値」となります

  • 水が1に対して、比較するものが水の倍重ければ、比重は「2」
  • 逆に水よりも半分の重さしかなければ、比重は「0.5」

ちなみに、比重に単位はなくただ数字だけです。

砂の比重は?

そこで砂の比重はどうなのか見てみると、

水の比重1に対して、砂の比重は大体2.5〜3.5位が一般的な値になります

【比重】水1:砂2.5

水のペットボトル5個と砂のペットボトルが2個が、ちょうど同じ重さになる計算です。

砂の成分に混じっているもので比重は変わってきますが、一般的な砂の比重が2.5と覚えておけばOK!

まとめ

水と砂では、やはり砂のほうが2.5〜3.5倍重いという結論でした

また口コミでは、砂を入れて更にその上から水を入れると、砂と砂の隙間に水が入るので、更に重くなるということでした。

水を入れると容器から砂を取り出すのはめちゃくちゃ大変でしょうね。ただし、少ない体積でなるべく重さが欲しい場合は水を入れるのもアリ。

パンチングボールの土台に砂を入れてみて重さが足りない場合は、試してみたいと思います!

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




関連ユニット