【車中泊の車種おすすめ】軽自動車N-BOX、長期トヨタハイエース

車中泊 車種 おすすめ 軽自動車N-BOX トヨタハイエース

ここでは、僕の実体験から、本気でおすすめする

車中泊の車種、おすすめ2台をご紹介します。

車中泊で日本一周し、その後2017年に2回目の北海道を一周した経験から、語ります!

スポンサーリンク
レクタングル 大




車中泊の車種はメーカー選びがかなり大事

僕は仕事がら、たくさんの車に乗ってきました。

ハイエース、N-BOX、キャラバン、アルファード、タント、クリッパー、軽トラック、マーチ、パッソ、デイズルークス、ヴィッツ等

その中で、気づいたことがあります。

メーカーによって車の質がまるで違う!

ということです。

正直に言うと、細かいデータを比較してあっちが上とかこっちが下とかではなく、様々な車を乗ってきた経験からくるものです。

感覚でしか言えないところをあえて言うと、

  • エンジンのパワーや音
  • 燃費
  • 細かい所の仕様
  • 故障の頻度
  • 乗り心地
  • ディーラーの質

など、と言えます。

以上を踏まえて、おすすめのメーカーは2つ

車中泊の車種、おすすめのメーカーは?

①ホンダ 軽自動車【N-BOX】

②トヨタ 一般車【ハイエース】

です。

また、仕様面でも、

ホンダの【N-BOX】は、ほぼフルフラットにでき、マットを敷くことで、気持ちよく寝ることができます。

トヨタの【ハイエース】は、しっかり足を伸ばして寝ることができ、内装を自分なりにカスタマイズすることができます。車中泊用の専用キットなども売っています。

メーカー面と機能面からも、この2車種で万全だと思います。

では次に、ホンダの【N-BOX】とトヨタの【ハイエース】どちらを選んだらいいのか?という部分で悩むと思います。

どういう車中泊をしたいかで、どちらを選ぶかが決まります。

車中泊の車種、軽自動車【N-BOX】を選んだ方が良い方

まず、N-BOXのメリットとデメリットを考えてみたい。

N-BOXのメリット

  • 運転が苦手でも小回りが効き、狭い道もストレスなく運転できる。
  • 日本中、砂利道、山道も含めてほぼすべての場所を走ることができる。つまり、観光に便利。
  • 車内が広く、天井が高く、フルフラットに近くなること。

車中泊で全国を周る時は、知らない土地やかなり狭い道も通るので、運転にストレスがないというのは、かなりのメリットになる。

N-BOX(軽自動車)のデメリット

  • N-BOXは軽自動車なので、長さ的に足を完全に伸ばして眠ることができない。
  • どうしても収納スペースが限られてくる。
  • 自由にカスタマイズできる部分が少なくなる。

この中でも、特に足を完全に伸ばして眠ることができないという【デメリット】が、長い車中泊だと、堪えてくる

どうしても眠りが浅くなり、熟睡できなくなってきて、少しずつ疲れが残るようになる。

だんだん、睡眠がストレスになってくる。

ただし、対処法があるあります。

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット