WBSS(ボクシング)とは何!開催時期はいつ?賞金や出場選手を紹介

WBSSとは何

井上尚弥選手が、ジェイミー・マクドネルに勝って参加するWBSS(ワールドボクシング・スーパーシリーズ)とは何か?知らない人も多いのではないでしょうか

それもそのはず、WBSSシーズン1は、2017年の秋に始まったばかりのボクシングトーナメント大会!

WBSSは停滞気味のボクシング業界を変える、大きな流れの1つになりそうな予感があります。

そこでここでは、「WBSSとは何か」「WBSSの開催日程」「WBSSの賞金」「WBSSバンタム級の出場予定選手」についてわかりやすくまとめてみました

スポンサーリンク
レクタングル 大




WBSSとは何か

WBSSとは、「World Boxing Super Series」=「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ」の頭の文字とった略称です

WBSS開催のきっかけは、プロモーターの「リチャード・シェイファー」「カレ・ザワーランド」が企画したことから。

大会の概要は

階級の中で強い人を8人選び、トーナメント形式で戦い、最強を決めるというもの

では、WBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)の大会の目的はどのようなものなのでしょうか。

WBSSの目的

結論から先に言うと、

その階級で最強のボクサーを決めよう!そのためには莫大な賞金を出すぞ!

というもの。

現在、ボクシング団体は4つあります。

  • WBA
  • WBO
  • WBC
  • IBF

そして、それぞれにチャンピオンがいるので、同じ階級にチャンピオンが4人いることになります。

すると、「結局誰が一番強いの?」「〇〇級で最強のチャンピオンは誰なんだ?」という話題になります

実際に戦っていないので、最強がハッキリしません。

そこで賞金をかけて各団体のトップレベルの選手8人で戦って、最強を決めましょうという趣旨。

WBSSの賞金はいくら?

WBSSのシーズン1賞金を参考にすると、WBSSの賞金総額は、5,000万ドル。

日本円にすると、およそ55億円ほど。

WBSSの優勝賞金は1,000万ドルで、およそ11億円

外国の賞金は桁違い!!

やはり各ボクシング団体のチャンピオンに参加してもらわないと、大会自体が盛り上がらないので、賞金が破格!

チャンピオンは団体のブランドでもあるので、大会で負けるとその団体まで弱小にみられやすい。そんなリスクを犯して参加してもらうにはやはり賞金は大事ですね

ちなみに、優勝者には賞金とは別に「モハメド・アリのトロフィー」が贈呈されます。

WBSSの開催日程はいつ?

実は、WBSSシーズン1はまだ終わっていません。

WBSSシーズン1は、

  • クルーザー級
  • スーパーミドル級

の階級で実施されています。

開催期間は、

2017年秋から始まり、2018年6月の決勝戦で終了します

そして、WBSSシーズン2の開催日程は、

2018年秋からスタート!

  • 組み合わせ抽選は、7月
  • 1回戦は、9月でアメリカ開催
  • 準決勝は、12月で日本開催
  • 決勝は、4〜6月にイギリス開催

と、予想されています。

階級は、

  • バンタム級
  • スーパーライト級

が決定しており、もう一つの階級を加え3階級で開催予定です。

試合の放送は、

  • イギリスのスカイスポーツ
  • アメリカのESPN+

によって世界に生中継される予定です。

WBSSバンタム級の出場予定選手

現在WBSSバンタム級の出場予定選手は以下、

ランク 名前/国/年齢 戦績
WBAスーパー王者 ライアン・バーネット(英国/26歳) 19勝(9KO)無敗
WBA王者 井上尚弥(日本/25歳) 16勝(14KO)無敗
WBA暫定王者 レイマート・ガバリョ(フィリピン/20歳) 19勝(16KO)無敗
WBO王者 ゾラニ・テテ(南アフリカ/30歳) 27勝(21KO)3敗
IBF王者 エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ/25歳) 18勝(12KO)無敗
前WBC王者 ルイス・ネリ(メキシコ/23歳) 26勝(20KO)無敗

の、6名!

また、元5階級制覇した王者「ノニト・ドネア(フィリピン)/戦績:43戦38勝(24KO)5敗」が、バンタム級に復帰することを決めました。これは、WBSSへ参戦することを前提としている可能性が高いです。

WBSSのバンタム級トーナメントに、この全員が出るとなるとかなりすごい大会に!

現在参加が決定しているのは、

WBAスーパー王者 ライアン・バーネット
WBA王者 井上尚弥
WBO王者 ゾラニ・テテ
IBF王者 エマヌエル・ロドリゲス

の、4名!

さすがに出場選手の戦績は、バンタム級最強を決めるのに相応しいものになっています。また、山中慎介戦で体重超過で問題になった「ルイス・ネリ」の参加が濃厚で、更に話題性のある大会になりそうです。

(追記:2018年5月29日)

ルイス・ネリの参加が濃厚でしたが、無期限出場停止を命じていたWBSから警告を受けて、6月のメキシコでの復帰戦がなくなってしまいました。

そうなると、WBSSへの出場はどうなるのか?ちょっと、わからなくなってきましたね…。

まとめ

WBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)は、一体誰が最強なのか!という答えを与えてくれる大会と言って良いでしょう

ボクシングファンからすると、待ちに待った団体を超えた大会と言えるのではないでしょうか。

2018年秋からはバンタム級の井上尚弥が参戦することが決定しているので、要注目の大会になるでしょう!!

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




関連ユニット