ボクシング全階級表&日本人世界チャンピオン一覧!体重差の違いは?

ボクシング全階級表

ボクシングが好きで自分でやったり、テレビでよく見ているけれど、実際にボクシングの全階級と体重差をわかりやすくまとめたものがなかったので、作ってみました!

ここでは、「ボクシングの全階級・体重・有名日本人チャンピオンの一覧表」と「それぞれの階級で体重がどのくらい違うのか」「階級の意味や由来」について、簡単にわかりやすくまとめてみました

スポンサーリンク
レクタングル 大




ボクシング全階級表

誰もがわかるようなチャンピオンを中心に、わかりやすさを重視してまとめてみました。

階級 体重 世界チャンピオン
ミニマム級 47.61kg 井岡弘樹
井岡一翔
大橋秀行
高山勝成
ライト・フライ級 48.97kg 具志堅用高
渡嘉敷勝男
拳四朗
フライ級 50.80kg 井上尚弥
亀田興毅
亀田大毅
白井義男
内藤大助
比嘉大吾
スーパー・フライ級 52.16kg 徳山昌守
渡辺二郎
鬼塚勝也
戸高秀樹
川嶋勝重
バンタム級 53.52kg 山中慎介
辰吉丈一郎
薬師寺保栄
ファイティング原田
スーパー・バンタム級 55.34kg 西岡利晃
フェザー級 57.15kg 長谷川穂積
スーパーフェザー級 58.97kg 内山高志
粟生隆寛
ライト級 61.23kg 畠山隆則
ガッツ石松
スーパー・ライト級 63.50kg 浜田剛史
ウェルター級 66.68kg  
スーパー・ウェルター級 69.85kg 輪島功一
ミドル級 72.57kg 竹原慎二
村田諒太
スーパー・ミドル級 76.20kg  
ライト・ヘビー級 79.38kg  
クルーザー級 90.72kg  
ヘビー級 90.72kg超  

全17階級となります

調べてみてわかったのですが、過去日本人でウェルター級の世界チャンピオンになった人は1人もいません

また、日本人の世界チャンピオンで最重量は、ミドル級(72.57kg)の竹原慎二と村田諒太(現役)です。

日本人の遺伝的な体格から日本人チャンピオンが多い階級は、「ミニマム〜バンタム級」になっていて、それ以上になると途端に日本人の世界チャンピオンが減ります。

ボクシング階級の体重の違いは?

階級 体重
ミニマム級 47.61kg
体重差 1.36kg
ライト・フライ級 48.97kg
体重差 1.83kg
フライ級 50.80kg
体重差 1.36kg
スーパー・フライ級 52.16kg
体重差 1.36kg
バンタム級 53.52kg
体重差  1.82kg
スーパー・バンタム級 55.34kg
体重差 1.81kg
フェザー級 57.15kg
体重差 1.82kg
スーパーフェザー級 58.97kg
体重差 2.26kg
ライト級 61.23kg
体重差 2.27kg
スーパー・ライト級 63.50kg
体重差 3.18kg
ウェルター級 66.68kg
体重差 3.17kg
スーパー・ウェルター級 69.85kg
体重差 2.72kg
ミドル級 72.57kg
体重差 3.63kg
スーパー・ミドル級 76.20kg
体重差 3.18kg
ライト・ヘビー級 79.38kg
体重差 11.34kg
クルーザー級 90.72kg
ヘビー級 90.72kg超

このわずかの体重差で階級が変わってくるので、ボクシングの階級が多すぎる!世界チャンピオンが多すぎる!という批判が起きてくるわけですね。

  • 軽量級の方は、階級の体重差が「1.3kg〜1.8kg」
  • 中量級になってくると階級の体重差が「2kg〜3 kg」
  • ヘビー級になると階級の体重差が「11kg」とすごい世界に突入しています!

ボクシング階級名の意味や由来

階級名 意味や由来
ミニマム 最小
フライ ハエ
バンタム チャボ
フェザー
ライト 軽い
ウェルター
ミドル 真ん中
クルーザー 巡洋艦
ヘビー 重い

階級の由来を見ると、全く統一感がありません。

虫がいたり、鳥がいたり、巡洋艦がいたり…。

階級がだんだん増えていったようなので、このようになってしまったのかもしれません

まとめ

自分の身長や体格、筋肉量などを含めてどの階級で世界チャンピオンを目指すのか!これだけ階級があると悩ましいところです。

また、ミニマム級からバンタム級までの階級の体重差がほとんどないことがよく分かります。

1kgって食事次第では、1日で変わってくる体重!

ボクシングの軽量級は、減量との戦いもあるストイックな世界ですね

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




関連ユニット