車中泊のマットレスおすすめは?ニトリ/オンリースタイル/FIELDOOR比較

車中泊マットレスおすすめ

軽自動車「N−BOX」で日本一周車中泊の旅を、夫婦でやりました

期間は約2ヶ月半、77日。

実は車中泊の最初の2週間は軽く考えていて、車中泊用のマットレスを使わずに旅をしていた。車中泊用のマットレスも以外と高いし…。

しかし、実際に車中泊をするとツライ!背中がバキバキで、朝は肩こりや頭痛で目が覚めることも…。

そこで、お金をケチらず車中泊用マットを買ったらかなり快適になり、車中泊が苦痛ではなくなりました。

断言しますが車中泊をするなら、絶対にマットはあったほうがいいです。車中泊グッズの必需品の筆頭は、間違いなく「マット」です

そこで、ここでは車中泊で日本一周旅の経験から「マットの選び方」と「ニトリ、オンリースタイル、FIELDOORのマット比較」「おすすめの車中泊マット」を紹介したいと思います

スポンサーリンク
レクタングル 大




車中泊のマットは必要なの?

車中泊は座席シートを倒して寝ます。

しかし、座席シートを倒しても完全なフラットにはなりません。

どうしても、段差ができてしまいます。

この状態でも1〜2日位なら、車中泊で眠れないこともないのですが、これが長期となると辛くて嫌になります。

また、睡眠も浅くなり、寝た気がしません。

よって1〜2日ほどの車中泊でない限り、車中泊のマットは必要だと思います

車中泊のマットの選び方は?

【車中泊のマットの選び方】

  1. 畳んでコンパクトになるもの:車中泊は荷物をたくさん積むので、なるべくスペースを取らないものがいいです。
  2. 防水加工してあるもの:車中泊の車内は湿度が高くなるので、防水加工してあるものがいいです。布製だと湿気を吸い、湿気臭くなります。
  3. 厚が10cm以上あるマット:シートの段差を解消するには、薄いものだど解消しきれません。ヘコミ過ぎず、10cm以上の厚みのあるマットが必須です。

これらの条件を満たすマットは、実は車中泊用マット以外にありません。ホームセンターなどのマットは薄すぎて、段差解消ができないです

車中泊のマットの比較

①ニトリのマット

車中泊 ニトリマット

三つ折りにできるニトリのマットはおすすめしません

ニトリのマットには、厚みが5cm(5,000円位)のものや、厚みが12cm(8,000円位)あるものがあります。

ニトリのマットをおすすめしない理由

ニトリのマットは、先程紹介した「マットの選び方の基準」に全く当てはまりません

ニトリのマットは、三つ折りにしてもかなりかさばります。

寝ている時はシートを倒しますが、起きている時はシートを戻します。シートを戻した後に、これだけ大きいマットを収納することは難しいと思います。

できたとしても大変です。特に軽自動車…。

また、表面が防水加工していないので、湿気を布が吸い込みます。長期間使うものとしても適しません。

ニトリのマットに5,000円や8,000円使うなら、同じような料金の車中泊用マットのほうが断然いいと思います

②FIELDOOR

車中泊 マット

車中泊用のマットになります。

FIELDOORのマットは、車中泊のマット選びの基準をすべて満たしています

空気を出して丸めればコンパクトになり、表面が防水加工してあり、厚みが10cm以上あるので段差を解消できます。

この商品は厚み5cmの商品と厚み10cmの商品があるので間違えないようにして下さい。おすすめは厚み10cmです。

車中泊 マット

僕ら夫婦は、この商品を使って車中泊日本一周をしました

値段もマット1つ7,500円位なので僕らにとっては値段的にもちょうどよかったです。

Sサイズのマットを2つ並べるとちょうど車の幅に収まり、ちょうどいいです。夫婦なので2つ買って15,000円ほどです。

この商品は初めて車中泊する方に、おすすめできる商品です。

ただし、車中泊で日本一周中の2ヶ月半は特に問題がなかったのですが。その後、2度目の車中泊で北海道一周旅の時に1つのマットが空気漏れを起こして、ペチャンコになってしまいました。

こういう空気を入れるタイプのマットは空気のバルブがかなり重要になります

バルブの耐久性に問題があるのかもしれません。長期間使うには、ちょっと不安です。

車中泊マット

③オンリースタイル

こちらも車中泊用のマットになります。

オンリースタイルのマットも、車中泊のマット選びの基準をすべて満たしています

空気を出して丸めればコンパクトになり、表面が防水加工してあり、厚みが10cm以上あるので段差を解消できます。

ここまでは、FIELDOORのマットと同じなのですが、オンリースタイルのマットにはFIELDOORのマットにはない特徴があります。

それは、FIELDOORのマットで唯一の不安のあるバルブです

オンリースタイルの特徴

つい最近、オンリースタイルの車中泊用マットは、フルモデルチェンジされたそうです。

特徴は、

①バルブのワンタッチ開閉

オンリースタイル 車中泊マット

②レビュー特典のワンウェイバルブで、空気の逆流を防ぎマットを畳みやすくするもの

オンリースタイル 車中泊マット

③マットへの空気入れ機能(ここがかなり優れもの!

オンリースタイル 車中泊マット

④プラス、使っている素材はFIELDOORのマットよりも良いです。

オンリースタイルのバルブ自体も、FIELDOORのマットのバルブより、頑丈そうです。

オンリースタイルマットのデメリット

しかし、オンリースタイルのデメリットもあります。

価格です!

価格が17,000円位します

FIELDOORのマットが7,500円位で、オンリースタイルのマットが17,000円位なので、差額10,000円です

これを高いとみるか、安いとみるかは人によりますね。

車中泊マットのおすすめは?

①FIELDOORのマットがおすすめの方

車中泊の初心者で、車中泊の期間が短い場合は、FIELDOORのマットがおすすめです

FIELDOOR 車中泊マット 10cm厚 Sサイズ ブラウン 自動膨張マットレス 連結可能 高密度ウレタンフォーム 大型バルブ エアーマット インフレータブル キャンプ アウトドア

軽自動車で、夫婦2人の場合は、これを2つ買うと幅がちょうど収まります

②オンリースタイルのマットがおすすめの方

車中泊の初心者で、車中泊の期間が長い場合は、オンリースタイルのマットがおすすめです

オンリースタイル 車中泊専用マット 自然に膨らみ シートの段差をしっかり解消【1枚】 (0094)

軽自動車で、夫婦2人の場合は、これを2つ買うと幅がちょうど収まります

車中泊に慣れていて、何度も車中泊をする人も、オンリースタイルのマットがおすすめです。

まとめ

車中泊のマットは、実際に経験しないと見えてこない使い勝手があります

今回紹介した「FIELDOORのマット」も「オンリースタイルのマット」も非常に使い勝手がいいです。

車中泊にマットがあるのとないのとでは、車中泊の快適さが全く変わってきます。

自分の車中泊のスタイルに合わせて、気に入ったものを使ってみて下さいね!

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




関連ユニット