車中泊の便利グッズ、マットや道の駅ガイドブックなど10選

車中泊 マット グッズ

実際に、車中泊で役立った便利グッズ。

旅をする前に気づいていたらよかったと思うグッズを紹介!

スポンサーリンク
レクタングル 大




車中泊の便利グッズ編

『車で日本一周』するとき、あって便利だったもの。

  1. マット
  2. カセットコンロ
  3. やかん
  4. 魔法瓶
  5. ランタン
  6. 保冷ボックスとキッチンばさみ
  7. 椅子
  8. ブランケット&まくら
  9. サンダル
  10. 全国の道の駅ガイドブック

①車中泊マット

何もないのと、「マット」を敷くのとでは寝心地が格段に違う。

これは絶対にあったほうがいい

始めは何も使用せず、車の座席を倒すだけで寝ていた。

旅を始めたばかりの数日は問題ない。

しかし、3日を過ぎたあたりから腰、背中が痛くなってくる

僕らが買った商品がコレ。10cmの厚さがあり、かなり快適だった。

FIELDOOR 車中泊マット 10cm厚 Sサイズ ブラック 自動膨張マットレス 連結可能 高密度ウレタンフォーム 大型バルブ エアーマット インフレータブル キャンプ アウトドア

②カセットコンロ

家で使っているカセットコンロでも大丈夫

だが、アウトドア専用のほうが

風が強い日など、使い勝手はいいかも。

③やかん

一つ持っていくと便利。

鍋でもお湯が沸かせれば代用可。

④魔法瓶

場所によってはスーパーもコンビニもないところがある

熱いコーヒーが飲みたい。おなかが空いた。

こんな時に役立ったのがこの「カセットコンロ」「やかん」「魔法瓶」

朝、やかんでお湯を沸かして魔法瓶に入れておく。出来ればステンレスよりも魔法瓶がおすすめ。保温が利くので、長時間アツアツ。

僕はドリップタイプとインスタントの2種類のコーヒーを常備し使い分け飲んでいた。

またカップラーメンも常備

おなかが空いた、店が何もないという時のとっておき手段。

お湯さえあれば問題ない。

割り箸はカップラーメンを買うときに貰っておこう。

⑤ランタン

夜、海辺でご飯を食べるとき。

暗い中なかトイレに行くとき。

スマホのライトもいいが、ランタンひとつ手元にあるととっても便利。

⑥保冷ボックスとキッチンばさみ

旅の食事は基本はスーパーやコンビニ。店もないことが多いし、あってもバカ高い。味もイマイチ…

だから、昼食を調達する際による用も一緒に購入。

ビールとおつまみ買って、保冷用の氷をもらい保冷ボックスへ。

包丁が必要なものはキッチンばさみで。

これは、北海道で「ホッキ貝の刺身」を買った時の教訓。

切れてないほうが安い。ひとつあるととっても便利。

⑦椅子

旅をしていると海岸などちょっとのんびりできそうな場所がある。

そんな時、椅子を広げてちょっと一息。

疲れも吹き飛びリフレッシュできる。

また、海の近くの『道の駅』だと、ちょっと行くと海岸というところも多い。椅子をもって浜辺でのんびり。

なくても何とかなるけれど、あると便利なのが椅子。

アウトドア用の折りたたみ椅子が、軽くて、スペースをとらないのでオススメ

⑧ブランケット&まくら

夜寝るときの必需品。

場所によっては夏でも涼しいところがある。

⑨サンダル

脱ぎ履きがすぐにできるサンダルを一つ持っていくと夜便利。

『車中泊』をしていて夜間トイレに行きたくなったとき。

靴を履くのが意外と大変。足元暗いし。

脱ぎ履き楽ちんな「サンダル」はあると便利。

⑩全国道の駅ガイドブック

泊まる場所探しの時に便利。

日本全国の道の駅情報が乗っている。

これで、静かそうな場所を探す。

グーグルマップと合わせて利用するとさらに便利

以上が実際に役立った便利グッズ。

次は【車中泊の車内準備編②】で、寝るときに役立つ

「車内の網戸」と「カーテンの作り方」。

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




関連ユニット