東京湾にクジラが出現!大地震の前兆や前触れ?動物と地震の因果関係

クジラと地震

東京湾でクジラ(ザトウクジラ)が出現し、東京ディズニーランド付近、海はたる、東京ゲートブリッジと様々な場所で、目撃情報が相次いています。

東京湾にクジラが出現したことで、「地震の前兆?」「首都直下型地震が来る?」など不安になっている方もいるかもしれません

不安になる方がよく知っている知識は、「地震が来る前には、動物の異常行動の報告がある」というものだと思います。

そこでここでは、「東京湾クジラの出現は地震の前兆?」「東京湾にクジラが出現したのはなぜ?」「動物と地震の因果関係」について、わかりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル 大




東京湾クジラの出現は地震の前兆?

結論から先にいうと、クジラと地震の因果関係はわかっていません

つまり、

クジラと地震の因果関係は、あるかもしれないし、ないかもしれない

となります。

というのも、クジラの生態自体がわかっておらず、また、地震の発生メカニズムもわかっていないのです。

つまり、

「わからないクジラ」×「わからない地震」=「わかるわけがない」

という結論になります。

ただし、「地震が来る前には、動物の異常行動が多く見受けられる」というのは過去からの事実でもあります。

この予測は、統計から来ます。

動物の異常行動と地震の因果関係

動物と地震の因果関係で、直近の大きな地震の例は、

【1995年】阪神淡路大震災の時は、地震2日前にイルカ87頭の座礁

【2011年】ニュージーランド地震の時は、地震前日にクジラの群れ座礁107頭

【2011年】東日本大震災の時は、地震の3日前に三陸に348頭の座礁、1週間前に約50頭が座礁

などがあります。

その他にも、地震の前には

  • マグロの大豊漁
  • イワシの群れが大量に打ち上げられる。
  • 犬や猫の異常行動「やたらと鳴く」「おびえ、徘徊する」
  • ネズミの集団行動
  • 深海生物の捕獲

など、多くの動物の異変が報告されています。

私達は、地震のメカニズムもクジラの生態もわかりません。その場合、地震と動物の因果関係を知るには、過去に起きた現実のデータから予測をするしかありません

ここまで見てきたように、これだけの報告があるということは、地震と動物の因果関係がないとは言えないと、個人的には思います。

ただし、今回東京湾に迷い込んだクジラは1頭のみで、クジラの群れではないので、地震との因果関係はそこまで大きくないように思われます

東京湾クジラの出現はなぜ?

では、「なぜザトウクジラが東京湾に迷子になって現れたのか?」について、いくつか理由が考えられます。

  • 海底での地割れなどの結果、地場が乱れ、方向感覚がおかしくなってしまった
  • 母親クジラと別れてしまったため、方向がわからない子クジラが間違って東京湾に入った
  • エサを追って東京湾に入った
  • シャチなどの敵から身を守るため逃げていたら、東京湾に辿り着いた

これらの可能性は考えられますが、実際のところはクジラに聞いてみないとわかりません。

それほどまでに、人間には、わからないことだらけ!

人間は色々なことをわかっていると思いこんでいますが、実際の世界の現実は、膨大なわからないことの上に、成り立っています

まとめ

クジラ1頭が、東京湾に迷い込んだのは、おそらく地震とはそれほど関係がないと考えられます

しかし、クジラの大漁座礁などがあった場合は、過去の統計上、地震に対する警戒はしておいたほうが良いと思います

結局、動物と地震の因果関係がわからないため、最後はその説を「信じるか」対「信じないか」という信仰の対立になりやすいです。

ものの見方が真逆になるのは必然ですね。

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




関連ユニット