新日本海フェリーに車を載せ新潟~北海道小樽へ!予約や割引料金情報も

新日本海フェリー 料金 予約 割引

車中泊で日本一周ルートでまず行こう!となったのが北海道

キャンパー憧れの地であり、道路が地平線まで続いているイメージ。

車をフェリーに乗せ、いざ北海道へ!

スポンサーリンク
レクタングル 大




新日本海フェリーの予約はインターネットがおすすめ!

北海道行きフェリーはインターネットで事前予約済み。

料金は、時期によって違う。

おおよその金額は、

車 + 運転手 で、20,000円位

同乗者1人につき、+7,000円位

今回は、30,000円弱といったところ。

2か月前から予約できるので、ルートを決めてすぐに予約。

新潟港 ㏂10:00発

小樽港 翌日㏂4:00着 

乗船時間は約18時間

少し早めの㏂6:00に新潟の実家を出発。

㏂8:30乗船手手続き完了。

夏休み期間は、90分前までに乗船手続きが必要。

船するときは車のドライバーと同乗者は別々。

妻とはしばしお別れし、船内で落ち合うことになる。

いよいよ北海道へ。

新日本海フェリーにはお得な割引プランがある

時期により、新日本海フェリーは【お得な割引プラン】をしているので、予約する場合はホームページを必ずチェックしてみて下さい!

新日本海フェリー、ライラック号の中は?

僕が乗ったフェリーは『ライラック号』。

僕が予約したのは「ツーリストB」

指定された席は「B8 289と291」

2段ベッドが向かい合っている。

こんな感じ。

この日は運よくフェリーが空いていて、B8の部屋が僕たちの貸し切り状態。

知らない人との同席(同ベッド?)も覚悟していただけにかなりうれしい。

フェリーの客室は他にもホテルのような、スイートルームやデラックスルームもある。

まずは船内散策を。

長時間の乗船ということもあり、いろいろある。

レストラン、お風呂、ゲームセンター…

そして、気になるのは船の揺れ。

朝から小雨がちらほら降っていた。

風も多少吹いていたような。

高校の頃、修学旅行で船酔いしたことがある。

船の中にいるときからうんうんうなり起き上がれない。

吐きそう…

最悪の記憶がよみがえる…。

が、思いの他揺れない!

揺れを覚悟で酔い止め飲んだが、ちょっと安心。

ライラック号の中には、お風呂が完備

安心したところでまずは風呂。男女別の大浴場がついている。

風呂からは外が見える。といっても一面「海」だけれども。

それはそれで風情がある。

上がった後は事前に買っておいた、ビールと弁当で乾杯。

『ライラック号』にはプロムナードと呼ばれる場所がある。

その「プロムナード」で、食事や読書が自由にできる。

しばらくすると眠くなる…。

爆睡。

酔い止めの力なのかとにかく眠い。

目を覚ましたのは夕方。

もう一度風呂に入り…

軽く食事し…

寝る!!

気づいたときは船内アナウンス。

北海道到着らしい。

寝てたら着いた北海道。

乗船はドライバーと同乗者は別々だったが、帰りは二人とも車で下船でよいらしい。

なぜかはよくわからないが。

船を車で降り…

北海道上陸!!!

時間は朝4:00

外はまだ暗いね。そして、まだ何もすることないね。

それでも空気がとても澄んでいる。ただ運転しているだけで気持ちがいい。

まずは【積丹半島を目指してみよう】と、のんびり出発することに。

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット