車中泊にクッチャロ湖畔キャンプ場がおすすめ!温泉や料金&営業時間も

車中泊 クッチャロ湖畔キャンプ場 おすすめ 温泉 料金 営業時間

車中泊だと泊まる場所は、道の駅がほとんど

なぜなら無料だから。

北海道にはキャンプ場が数多くあるが、料金が高い場合も多い。

今回紹介するクッチャロ湖キャンプ場は安くておすすめ!

スポンサーリンク
レクタングル 大




車中泊【クッチャロ湖畔キャンプ場】料金や営業時間は?

今日の宿は初キャンプ場!といっても「車中泊」だけど。

【住所】北海道枝幸郡浜頓別町クッチャロ湖畔

【営業期間】毎年4月上旬~10月末日 状況により期間変更あり

【営業時間】

9:00~17:00

17:00以降は、はまとんべつ温泉ウイングで受付

【料金】

大人1名 200円

小人1名 100円

貸テント1張4名用 1,500円

この「クッチャロ湖畔キャンプ場」使用料金200円とかなり低価格。

ほかのキャンプ場は一人1,000円前後の所が多い。

しかも車中泊の場合はキャンプ場を使用しないためか1台200円

受け付けで手続きし「使用許可証」をフロントにおいておけばOK

また、キャンプ場のすぐ裏には、温泉もあるので、完璧。

車中泊、はまとんべつ温泉ウイングの料金や営業時間は?

【営業時間】11:00~21:00

【入浴料金】

11:00~2:00    大人 400円 小人 180円

14:00~21:00  大人 550円 小人 250円

車中泊、クッチャロ湖では火を使って料理ができる!

キャンピングカーやバイカーさん。

たくさんの人がすでにキャンプしている。

車を停める場所も決め、車内の寝る準備も万端。

夕飯!!と準備をしていたら

キャンピングカーで夫婦で北海道を旅しているという人に声をかけられる。

ここ『クッチャロ湖畔キャンプ場』10日ほど宿泊し、ここを拠点にいろいろ周るのだとか。

なるほど。

ひとつの場所を拠点にする方法もありだなと思った

今回は新しい場所へ進み続けるが…。

そして教えてもらった北海道の注意点。

「北海道はスピード違反ですぐ捕まる」と。

それも結構の確率で。

北海道の運転にも慣れ、徐々に車のスピードアップをしつつあった僕。

ゆっくり行こう、と心に決める。

ちなみに今日の夕飯はキャンプ場らしく「カレー」いつもよりものんびり準備ができる。

道の駅は基本的には火気厳禁

なので、火を使うときは場所を選びながら料理することになる。海辺とか。

ちなみに『クッチャロ湖畔キャンプ場』自然豊かなだけに「蚊」がたくさんいる。

夜寝る際は「網戸」の準備を忘れずに。

作り方は「網戸の作り方」参照。

北海道、大雪山と三国峠

クッチャロ湖で朝日を見たその後は。

北海道の中央部にある『大雪山』へ。

始めて知る事実。

『大雪山』は火山群の名称でひとつの山ではないらしい。2,000m級の山々をいくつも連ねているのだとか。

とりあえず、大雪山方面へ向かい三国峠を目指す。自然豊かな山の中。

道幅も広く、運転しやすい。そして何よりも空気が澄んでいて気持ちがいい。

ナイタイ高原牧場、レストハウスにソフトクリームあるよ

次に目指したのは日本一広い公共牧場『ナイタイ高原牧場』

確かに広い!!

向かっている途中の道も、気づけばもう牧場の敷地内。

しかも車がほとんど通らない。

地平線まで続く緑の芝。そこでのんびり草を食む牛。たまに野生の鹿も遊びに来るらしい。

ここ「ナイタイ高原牧場」の牛たち約250頭ずつ、11の群れに分かれて放牧されているらしい。

250頭×11の群れ = 3,000頭

3,000頭…?

牛がそんなにいるとは感じさせないくらい広い!見えるのは本当に遠くに数頭。

こういう場所に来ると改めて北海道のスケールの大きさを感じる

屋上にあるレストハウスでは牧場の定番人気メニュー、ソフトクリームを頂く。

次は「富良野」を目指す。

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット