ウルオシャワーの口コミ評判!ガイアの水135浄水シャワーと比較

【ウルオシャワーの口コミ評判】ガイアの水135浄水シャワーと比較!

水道水の塩素を100%除去してくれる日本製のシャワーヘッド

それが「ウルオシャワー」です。

水道水に人体に有害な塩素が含まれているのは知られています。

口から入る水に気をつけている方は年々増え、家に浄水器を取り付けている方も多いのではないでしょうか。

そして、近年は入浴時のシャワーヘッドも浄水タイプが人気を集めています。

直接肌や髪に触れるシャワーは肌や髪に大きな影響を与えるのは何と無く分かりますよね。

そこで、実際にいくつか浄水シャワーヘッドを使ってみておすすめしたいのが「ウルオシャワー」です。

ここでは

  • ウルオシャワーとは
  • ウルオシャワーの口コミ評判
  • ウルオシャワーの取り付け方法
  • ウルオシャワーとガイアの水135浄水シャワーと比較

についてまとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル 大




ウルオシャワーとは

ウルオシャワーとは

ウルオシャワーとはシャワーヘッドの形をした浄水器です

日本製でシャワーのハンドル部の持ちやすさやシャワーの水圧など細かなところまで考えて作られています。

ウルオシャワーの特徴は大きく5つです。

1.塩素を100%除去

2.保温効果がある

3.炭酸シャワーが楽しめる

4.取り付けが簡単

5.カートリッジの交換時期が長い

1.塩素を100%除去

ウルオシャワーは水道水の塩素や汚れを100%除去してくれます

水道水含まれる塩素は肌の乾燥やパサつきの原因です。

塩素はシャワーを全身に浴びることによって一瞬で髪にも身体にもまとわりつき水分を奪っていきます。

源泉掛け流しなど温泉に浸かると肌がしっとりツヤツヤするのは塩素が含まれていないからです。川で遊んだ後も肌は乾燥しないですよね。

肌や髪を乾燥から守るには塩素を取り除くことが大切です。

浄水シャワーヘッドのろ過フィルターの種類

ウルオシャワーのろ過フィルターは、活性炭(繊維状活性炭・粒状活性炭)です

浄水シャワーヘッドのフィルターは大きく3つの種類に分けられます。

ろ過フィルターの種類 特徴
活性炭フィルター 活性炭で水中の塩素を分解し除去する。水道管から流れ出る赤サビなどの不純物や臭いを取り除く効果もある。
塩素と他の有害物質も除去できる
ビタミンCフィルター ビタミンCが塩素と結合することで塩素を除去する。
塩素のみ除去できる
亜硫酸カルシウムフィルター 亜硫酸カルシウムで塩素を分解し無害化させる。
塩素のみ除去できる

ビタミンCや亜硫酸カルシウムなど薬品系のろ過材なので、少しでも肌に優しく自然素材のフィルターが好きな方は「活性炭フィルタータイプ」がおすすめです。

つまり、ウルオシャワーは肌や髪を乾燥から守ってくれるということです。

2.保温効果がある

ウルオシャワーは、「保温効果」「遠赤外線効果」があり身体を芯から温めてくれます

ウルオシャワーには「天然鉱石」が配合されていて、その鉱石から18種類のミネラルが溶け出し保温効果を高めてくれます。

また、天然鉱石に遠赤外線効果の高い「黒色鉱物」も配合されています。

つまり、ウルオシャワーは天然鉱石のミネラルによる保温効果で髪がツヤツヤ、肌しっとり&遠赤外線効果で身体の芯からポカポカになるということです。

余談ですが、湯船で身体を芯から温めるには「ブラックトルマリン」を入れるのもおすすめです。これも「黒色鉱物」のひとつで遠赤外線効果があります。

入浴後もポカポカ心地よいので気になる方は試してみてください。

石をそのまま入れるとお風呂掃除が大変なので、洗濯ネットなどに入れて使うのがおすすめです。

3.炭酸シャワーが楽しめる

ウルオシャワーは炭酸シャワーが楽しめます(タブレットは別売りです)

ウルオシャワーのカートリッジにに炭酸タブレットを入れるだけで炭酸ガスを含んだ炭酸水がシャワーヘッドから出てくる仕組みです。

炭酸シャワーのの効果は

  • 血行が促進され肌機能がアップする
  • 毛穴の汚れを無理なく取り除き肌が綺麗になる
  • 美容液が浸透しやすくなる
  • 髪が綺麗になる

などが挙げられます。

細かい炭酸泡は肌や頭皮に浸透し、毛穴や肌の汚れ、古い角質などを無理なく優しく落としてくれます。

よく美容院の看板や美容雑誌で見かける「炭酸美容」「炭酸ヘッドスパ」という美容法です。炭酸シャワーを浴びることによって、きめ細かい肌やツヤツヤの髪など美容効果が期待できます。

つまり、ウルオシャワーは自宅で「炭酸美容」ができるということです

炭酸タブレットを入れて炭酸水が出てくる時間は約3分。

週末のご褒美などに取り入れるのも素敵ですよね。

4.取り付けが簡単

ウルオシャワーは、既存のシャワーヘッドを外して取り替えるだけです

※実際に取り付けているところを後ほど写真でご紹介します。

ほぼ全メーカーのシャワーヘッドと交換可能なので注文して届いたその日からすぐに使えます。

万が一、取り付けができなかった場合は全額返金してくれるのも安心ですよね。

つまり、ウルオシャワーは誰でも簡単に取り付けできるということです。

5.カートリッジの交換時期が長い

ウルオシャワーは、カートリッジの交換目安が長く日本製なので安心です

ウルオシャワーのカートリッジの交換目安は以下の通りです。

使用人数 使用水量(1日あたり) 交換目安
1~2人 90ℓ 6ヶ月
3~4人 180ℓ 4ヶ月

浄水シャワーヘッドは1ヶ月で交換しないといけないものもあるのでウルオシャワーは長めの方だと思います。

シャワーヘッドの交換目安は使用しているフィルターによって大きな違いがあるので参考までにご紹介します。

フィルター別カートリッジ交換目安

浄水シャワーヘッドのカートリッジ交換の目安をフィルター別に表にしてみました。

フィルターの種類 カートリッジ交換目安
活性炭フィルター 6ヶ月〜1年
ビタミンCフィルター 1〜2ヶ月
亜硫酸カルシウムフィルター 2〜4ヶ月

フィルターの中でも活性炭のカートリッジは長持ちします。

ウルオシャワーは天然鉱石の寿命と目詰まりの可能性を考慮して最大6カ月となっています。

つまり、ウルオシャワーは半年に1回カートリッジを交換すればいいだけということです。

ウルオシャワーの口コミ評判

ウルオシャワーの口コミ評判

浄水器やシャワーヘッドを購入する決め手は、実際に使っている方の口コミや評判という方も多いですよね。

ウルオシャワーの口コミ評判を集めてみました。

【ウルオシャワーの口コミ評判】

  • 取り付けが簡単で1日目から髪の毛サラサラを実感できる
  • お湯が柔らかく優しい水圧が気持ちよく体が温まる感じがする
  • シャワーの後体がポカポカしている
  • くせ毛が落ち着いおてまとまる
  • お風呂を出た後のツッパリ感もなくなり髪の毛もしっとりしている
  • かさついていた肌がしっとりしている
  • 髪の毛の手触りがスルスルしていて、肌の赤みも減った
  • 湯上りのヒリヒリ感がなくなった

などが多く寄せられていました。

ウルオシャワーは

  • 髪の毛がサラサラ・しっとりした
  • 肌の赤みやカサつきがなくなりしっとりした
  • お風呂を出た後も暖かい

といった評判になっています。

マイナスの意見としては「炭酸タブレットがもう少し長時間持てばいいのに…」という口コミがあるようです。

ウルオシャワーを使っている方は、もともと浄水シャワーヘッドを使っていてウルオシャワーに変えた方がたくさんいましたが、水の違いを実感している方が多いのが特徴的です。

ウルオシャワーの取り付け方法

ウルオシャワーの取り付け方法は本当に簡単です。

  1. ウルオシャワーの付属品を確認する
  2. ホースにシャワーヘッドを取り付ける

取り付け方1:付属品を確認する

ウルオシャワーセット内容

上の写真がウルオシャワーと付属品一式です。

ウルオシャワーはカートリッジがセットされた状態で届きます。

ビニール手袋1セットと炭酸タブレッドが6個付いてきました。

取り付け方2:ホースにシャワーヘッドを取り付ける

ウルオシャワー取り付け方

シャワーヘッドをホースに取り付けます。時計回りに回してしっかりと固定してください。

ウルオシャワー取り付け

既存のシャワーヘッドの外し方

既存のシャワーヘッドは反時計回りに回すと外れます。この時に付属品のビニール手袋を使うと回しやすくなります。

シャワーヘッド外し方

賃貸の方は取り外したシャワーヘッドは必ず保管しておくようにしてくださいね。退去時に元に戻す必要があります。

ウルオシャワーとガイアの水135浄水シャワーと比較

今まで使用していたガイアの水135浄水シャワーをウルオシャワーに変更してみました。

せっかくなので比較してみたいと思います。

  ウルオシャワー ガイアの水135
ろ過フィルター 活性炭(繊維状活性炭・粒状活性炭)・不織布・天然鉱石 亜硫酸カルシウム・麦飯石・珊瑚・活性化セラミック・テラヘルツ鉱石マコモ入りセラミック
カートリッジ交換目安 6か月 3ヶ月
残留塩素除去能力 約22,500ℓ 約3,000ℓ

【ウルオシャワーとガイアの水135の比較】ヘッドの大きさ

ウルオシャワーとガイアの水135比較

シャワーヘッドはウルオシャワーの方が大きいです。

持ち手もはガイアの水135は細めでストンとしていて、ウルオシャワーは太めで滑らないように波打ち模様になっています。

【ウルオシャワーとガイアの水135の比較】カートリッジ

ウルオシャワーとガイアの水135フィルター比較

ウルオシャワーのカートリッジはろ過材が活性炭なので黒っぽくなっています。また、天然鉱石は細かい黒色鉱石などが主に入っていました。

一方、ガイアの水135のカートリッジはろ過材が亜硫酸カルシウムなので白っぽくなっています。鉱石は麦飯石なのか茶色が主になっています。

【ウルオシャワーとガイアの水135の比較】重さ

ウルオシャワー重さ

「ウルオシャワー」のヘッド重さ:204g

ガイアの水135重さ

「ガイアの水135」のヘッド重さ:236g

シャワーヘッドの重さはガイアの水135の方が少し重くなっています。

使った感じはそこまで重さの違いを感じませんでした。

【ウルオシャワー】と【ガイアの水135】を使った感想

どちらも使い始めは水が柔らかく肌に優しい印象を受けました。

洗い上がりの髪の感じはウルオシャワーの方がしっとりしていて感動します!

また、肌のつっぱりがなくなるのをはっきり実感したのはウルオシャワーの方でした。

ガイアの水135は、なんかしっとりしている気がする…かな?という感じだったので。

また、炭酸水のシャワーを初めて使いましたが、肌が引き締まり触った感じもつやつやしたように思います。

※最初の購入時に付属品で炭酸タブレットが6つ付いてきました。

ウルオシャワーのガイアの水135も水道水に比べると格段に肌に優しい水で、ツッパリ感もなくなりました。

  1. カートリッジの寿命
  2. フィルターに薬剤ではなく活性炭を使っている
  3. 炭酸水シャワーが使える

の面から、ウルオシャワーの方が安心して長く使うことができ、さらに美容効果も高くよりおすすめかなと思います。

まとめ

水道水に含まれている残留塩素は、気づかないうちに肌や髪の毛にダメージを与えています。

髪のパサつきや肌荒れに悩んでいる方も多いですよね。もしかしたら、水道水が原因かもしれません

実際に私自身も浄水シャワーヘッドに変えてから髪のパサつきや広がり、さらに髪が絡まることもなくなりました。今ではリンスもトリートメントもなく「シャボン玉石鹸シャンプー」のみでしっとりサラサラの状態を保っています。

今までいくつかシャワーヘッドを試してきましたが、「ウルオシャワー」は優しいお湯で肌も髪もしっとりするのでおすすめです

肌荒れや髪のパサつきに悩んでいる方、美容面でシャワーヘッドを探している方はぜひウルオシャワーを試してみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




関連ユニット