登別温泉観光スポット【地獄谷】足湯は最高!駐車場や営業&所要時間も

登別温泉 観光 地獄谷 足湯 営業時間

入浴の粉で知っていた登別温泉や地獄谷

実際に行ったことがないので、イメージが膨らむ。

イメージの登別温泉と現実の登別温泉。

どっちが勝ったのか!

スポンサーリンク
レクタングル 大




登別温泉観光、中国人が多かった!

温泉天国と言われる北海道でも特に人気のひとつと言われている

『登別温泉』

この温泉街すごい。

何がすごいって…。

中国人が多い。

温泉街を歩いている人も、中にはお店の人も中国人の所も。

登別温泉の印象は?と聞かれたら僕は迷わずこう答える。

「中国人が多い」

中国人が北海道の土地を買い占めているという話をよく聞く。

水が綺麗な水源地や山林などの土地を購入しているらしい、と。

実際に北海道に来て思う。

事実なのだろうな。

と実感した登別温泉街。

登別温泉【地獄谷】

【営業時間】無休

【登別地獄谷駐車場】1日500円

【所要時間】30〜60分

地獄谷は、約1万年前、笠山という活火山が噴火した時の火口跡らしい。

「登別温泉てくてく散策MAP」を駐車場でもらい散策開始

登別温泉街同様、中国人が多い。

交わされる言葉は中国語。

日本語で会話している人のほうが少ないのでは…。

外国旅行している気分で行くか。と地獄谷へ向かう。

硫黄の臭いが強くなり、そこかしこから温泉が湧き出ている。

立ち入り禁止の看板もそこかしこに立っている。

遠くの方にあがる温泉の煙。

『地獄谷』という名称、この多くの湧出口や噴気孔が泡を立てて煮えたぎる風景が「鬼の住む地獄」のようで「地獄谷」らしい

うまいこと名付けたなと納得。

歩いている木道から落ちたら地獄…みたいな。

こういう感じの場所、僕は好きだが。

登別温泉、大湯沼川天然足湯

地獄谷の後は、天然の足湯に向かうことに。

無料で入れる足湯があるらしい。

行く途中に通り過ぎた

「大正地獄」

大正時代にできた湯沼で湯の色が7色に変わることで有名らしい。

まあすごいね。とさらっと通り過ぎ。

林の中の遊歩道を多少歩く。

そして見えてきた「大湯沼川天然足湯」

人多い!!!

秘湯で人が少ないのを想像していただけに驚く。

しかも、ここも中国人。

いや、いいんだけどね。

せっかくだから足湯。

気持ちいい。

森林浴と足浴。

贅沢なご褒美のようだ。

足の疲れが吹き飛ぶ。

これで人が少なければ…。

しかしなぜ、中国人がこれほどまでに北海道に多いのか。気になって調べてみた。

どうやら中国でヒットした映画『狙った恋の落とし方』の後半の舞台が北海道らしい。

この映画の大ヒットで中国に北海道ブームが巻き起こったらしい。

映画やドラマがヒットすると、行って見たくなるのは納得。

日本でも韓流ドラマがヒットした時、韓国ブームだったし。

イメージの登別温泉と現実の登別温泉。

勝ったのは、イメージの登別温泉でした!そりゃそうだよね。

次は「札幌へ」行こう!

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット