転職を繰り返す人の心理や特徴!夫(旦那)は病気なのか?なぜ原因は?

転職を繰り返す旦那

転職を繰り返す旦那の奥さんは大変だと思います。

すぐ嫌なことがあるとやめるし、そもそも会社に入った瞬間に辞めたくなっています。そこにあるのは、「自分がつらい!しんどい!大変だ!」という自己中心的な幼児性

「子供か!」と言いたくなるのもよくわかりますが、彼らは成熟の止まった10歳以下の子供なのです。

周りにいる人間は大変ですが、向き合い続けることが大切になります。

スポンサーリンク
レクタングル 大




転職を繰り返すのが旦那(夫)の場合は?

彼らが本当に欲しいものは、幼少期に得られなかった、愛情や承認や関心です

彼らは幼少期に本気で怒鳴り合ったり、喧嘩し合ったりしたことがないです。本気で真正面から他人(現実)とぶつかり理解し合ったことがありません。

本気でぶつかりあうことができることは、愛情のひとつです

周りにいる奥さんは、とにかく本気で向き合い続けましょう。ぶつかり続けましょう。それが現実に目覚める第一歩になります。

また、「その行為は他人から嫌われるよ」など、注意しても良いと思います。そもそも他者性(現実)がないので。

ただし、相当な時間がかかることは間違いありません。

早く簡単にポンッと変わると思わないで下さい。むしろ、一瞬で急激に変わったと思った場合は、別のファンタジーに酔っている可能性が高いです。

焦らず、じっくり、取り組む他ありません。

まとめ

なぜ、ここまで言えるのかと言うと、ここに書いてきたことはすべて自分のことだからです

転職を繰り返す人が職場に求めているのは、得られなかった家族(愛情や受容)だったりします。しかし、職場は愛情や受容を無条件にくれる場所では最初からないのです。そこを勘違いしている場合も多い。

ずっと愛情を求めている子供なので、会社や他人に愛情を求めてしまうのです。会社をお母さんと思って、助けて、愛してといっているのです

この自分勝手な願望は必ず、裏切られ、失望し、怒り、会社を辞めることになります。そして、次の愛情をくれる家族を探しに行きます。これは恋愛でもあるパターンで、完璧に愛してくれる彼氏を見つけなければいけない!というのと同じです。

「転職を繰り返す人」=「理想の男を求めて男を変え続ける人」は同じ、メンタル構造を持っていることが多いと思います。

だからこそ、転職を繰り返す人は転職で何かを変えるのではなく、自分の問題の本質を見ることが大切になります

ぶっちゃけ本当にこの道のりはしんどいです。自分だけではなく、周りにいる人も。ただし、向き合い続けるしかありません。

人間が大人になるには、自分の妄想世界と現実世界の対立から、心が傷つき、その傷と向き合い、自分を知り、現実を知り、対処法を考え、少しずつ心を鍛えていくことです。

心は傷つかなければ成長できないのです。1人の世界に閉じこもって、傷つかないように自分を守ってばかりいては、大人になれません

これでは、生まれてきた意味がなくなってしまいます。

やるしかありません。

スポンサーリンク
レクタングル 大




レクタングル 大




関連ユニット